妊娠とイソフラボンの気になる関係など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

妊娠とイソフラボンの気になる関係

妊娠時のイソフラボン(女性ホルモンに似た働きをすることで有名でしょう。大豆製品に含まれていることで知られていますね)の摂取に関して、お話をします。

妊娠中にイソフラボン(あまりにもたくさん摂り過ぎると体に良くない影響が出る可能性があるそうです)を摂ることは、食品として摂る分には特に問題ありません。

でも、サプリメント(時に医薬品と同じくらいの効果がある製品もありますから、服用の際には注意が必要です)などで摂取する場合には、慎重になった方がいいかもしれません。

サプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)の質などにも注意しなけれねいけませんねし、イソフラボン(女性だったら摂っておいて損はない成分です。むしろ、日常的に積極的に摂るようにした方がいいかもしれません)のサプリメントを摂取することによってイソフラボン(あまりにもたくさん摂り過ぎると体に良くない影響が出る可能性があるそうです)の過剰摂取になってしまったら、ホルモンのバランスを崩したり、胎児の生殖器への影響が懸念されます。

イソフラボン(胸を大きくする成分といえね、これというイメージが強いですね)の1日当たりの摂取量の上限は、70mg~75mgとなっているんです。

極度に大豆食品などをたべない限り、摂取しすぎることはないとは思うのですが、イソフラボン(クラムボンなんてバンドもいましたよね。名前の響きがなんだかかわいらしいです)のサプリを摂取した場合には、大豆食品と合わせるととりすぎになってしまった事もあるかもしれません。

イソフラボン(胸を大きくする成分といえね、これというイメージが強いですね)は、女性ホルモン(規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事をすることで、分泌量が増えるでしょう)に似た働きをしますから、骨粗鬆症(骨に小さな穴がたくさんあいてスカスカになってしまいます)などの病気の予防にもなりますが、妊娠中の女性や乳幼児、小児、勿論、胎児(積極的に良い影響を与えようとするのが胎教ですね)にも過剰摂取は推奨できません。

妊娠中には、サプリメント(時に医薬品と同じくらいの効果がある製品もありますから、服用の際には注意が必要です)でイソフラボン(女性ホルモンに似た働きをすることで有名でしょう。大豆製品に含まれていることで知られていますね)を摂るのではなくて、大豆食品から摂取するように心掛けて下さい。


関連記事
TOP妊娠と食べ物妊娠とイソフラボンの気になる関係

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
at 2014/07/09(水) 21:56 |

このコメントは管理者の承認待ちです
at 2014/07/18(金) 12:18 |

このコメントは管理者の承認待ちです
at 2014/07/24(木) 20:30 |

このコメントは管理者の承認待ちです
at 2014/07/25(金) 06:11 |

このコメントは管理者の承認待ちです
at 2014/08/13(水) 17:54 |

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。