男女問わずタバコやアルコールが原因のこともある?など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

男女問わずタバコやアルコールが原因のこともある?

男女に関係なく、タバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)やアルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)が不妊のもととなる可能性もあるのです。
まず、タバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたといわれています)がどのくらいの<strong>不妊</strong>の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を引き起こしてしまうかについて、説明します。

タバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたといわれています)が体にいいわけがないことは、皆様も御存知だといえると思います。

男性はタバコ(コロンブスがヨーロッパに伝えたそうです)を吸うことで、精子の数が少なくなってしまうようです。

<a href="http://1d.to/ecgi">>>必見!不妊度テスト</a>

そして、精子の運動量(真剣にやれね、家事もけっこうな運動になります)も低くなり、<strong>不妊</strong>の原因になってしまう訳です。

精子の量や運動量(日頃からこまめに動いている人は、太りにくいそうです)が低下するに限った事ではなく、奇形の精子が増えてしまうと言う事もあるでしょう。

女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)ならね、タバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)を吸うことで、着床障害や卵管障害などを引き起こすこともあるらしいです。

続いて、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)について、説明します。

アルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)を過剰摂取する事で、男性は奇形の精子の増加や勃起不全を引き起こしてしまう場合だってあります。

また、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)は排卵障害や生理不順(子宮内膜症や子宮筋腫といった婦人病が原因になっていることもあります)などになることもあるそうです。

妊娠できたとしても、アルコールを摂取する事によって、通常より2.5倍流産しやすくなるとも言われているのです。

もし、妊娠したいのであれば、タバコ(コロンブスがヨーロッパに伝えたそうです)やアルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)は控えるようにしてください。

関連記事
TOP不妊男女問わずタバコやアルコールが原因のこともある?

Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。