男女問わずストレスが原因のこともある?など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

男女問わずストレスが原因のこともある?

不妊は、男女関係なくストレスが原因のこともあるのでしょう?

男女どちらの場合も、ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が不妊の原因になるケースもあるかもしれません。

<strong>不妊</strong>は、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)だけに問題があると思われ易いですが、男性の方に問題があるケースも増えている傾向があるのです。

男性の場合、先天性の<strong>不妊</strong>の原因だけでなく、後天性の<strong>不妊</strong>の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)が問題となる事も多いと思います。

この後天性の<strong>不妊</strong>の要因のひとつに、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)も含まれているのです。

ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)が要因で、精巣の機能障害が起こったり、精子の運動量(運動しているからとつい食べ過ぎていると、いつまで経っても痩せません)が低くなったり、精子の生産量が減少してしまったりします。

また、勃起不全や射精障害などを引き起こしてしまうケースもあるみたいです。

そういったことが原因で、<strong>不妊</strong>に繋がってしまうのです。

一方、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の場合ですが、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)もストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)が原因で妊娠しづらい体になると言われています。

例えば、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)が要因で、ホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)が崩れてしまう場合だってあるのです。

ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)が崩れてしまうと、生殖器官の機能が低下していきます。

それによって、妊娠しにくくなってしまうのです。

ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を感じないようにするというのは難しいですよね。

でも、妊娠を望んでいるのであれば、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)を感じても、可能な限りためこまないように、上手くストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)を発散するようにしましょう・
関連記事
TOP不妊男女問わずストレスが原因のこともある?

Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。