女性の卵管障害が原因?など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

女性の卵管障害が原因?

妊娠を望んでいるのに妊娠出来ない場合、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の卵管障害が要因で不妊になっていることもあるかもしれませんね。
不妊の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の30%が卵管障害と言われている為、もしかすれね、卵管障害が要因となっているのかもしれないのです。

この卵管障害とはどんな症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)なのかというと、卵管は元々がかなり細いもので、たいへん細い場合には直径が一ミリほどしかない事もありますね。 その細い卵管が何らかによって詰まってしまったり、癒着していることを卵管障害と言います。

卵管が詰まっていたり、癒着してしまっては、卵子(雌性で不動の配偶子のことをいいます)も精子も卵管を通ることができません。 よって、不妊の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)になってしまうでしょう。

もし、卵管障害で妊娠できたとしても、受精卵が子宮内ではなく、卵管で着床行う場合があり、これを子宮外妊娠と言っています。 卵管障害になったならね、不妊になる可能性だけではなく、子宮外妊娠を引き起してしまう可能性も出てくるだといわれています。

子宮外妊娠と言うものは非常に危険で、卵管内で受精卵が成長し続けると、卵管が破裂して大出血を起こし、命に関わる場合もあります。

もし、そうなったら、直ちに開腹手術を行わなければなりません。 子宮外妊娠が発覚した場合には、妊娠組織の切除、または、卵管切除の手術を行うのが一般的です。 卵管障害になる原因は、クラミジアなどと言った性感染症や子宮内膜症、細菌感染等があるでしょう。

そして、卵管障害の治療法には、腹腔鏡(腹腔鏡手術を行うための器具である内視鏡のことですね)手術や卵管鏡下卵管形成術などがよく用いられます。

卵管障害は、あまり自覚症状がないため、気付きにくいになりますよ。 たまに、おりものの異変や腹部が痛くなる場合がありますので、そのような症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出たら、すぐに病院で診察してもらうようにするのです。
関連記事
TOP不妊女性の卵管障害が原因?

Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。