排卵障害について考えるなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

排卵障害について考える

妊娠できない場合、いろいろな原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)が考えられますが、その中の一つに女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の排卵障害がありますね。
不妊の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)のほとんどは排卵障害だとも言われていますから、妊娠出来ない場合には、まず排卵障害を疑った方がいいかもしれません。

妊娠するためには、排卵が絶対に必要になります。

卵子(精子と結びついて受精し、子宮内膜に着床することで妊娠します)が排出されなければ、精子と巡りあって、受精する事ができませんよね。

では、なぜ排卵障害になってしまうのかというと、主な原因はホルモンに存在しているだといえます。

無理なダイエットを行ったり、ストレスを抱えていたりすると、ホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)が崩れてしまいますね。>>必見!不妊度テスト受けてみませんか。

ホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)が崩れると、排卵しない事があるんでしょうか。

また、内分泌のバランスが崩れる事でも、排卵しないこともあります。

この排卵障害の治療法としては、排卵誘発剤を服用するのが普通です。

排卵誘発剤を服用すると、人工的に卵胞を成長させる事ができるはずです。

もし、なかなか妊娠できないのなら、まず最初に基礎体温(継続して測ることで体の状態がわかるでしょう)を毎日付けてくださいね。

基礎体温を毎日付けることで、排卵の有無をチェック可能なと呼ねれているのです。

排卵は、高温期と低温期の境目で起こります。

高温期と低温期が乱れていたりしたら、排卵障害の可能性が高いわけです。

その場合は、一度婦人科で相談してみましょう・
関連記事
TOP不妊排卵障害について考える

Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。