不妊治療保険、認められずなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

不妊治療保険、認められず

不妊治療保険なるものがニュースで取り沙汰されて話題になっています。どういうことかというと、文字通り不妊治療はお金がかかるので、それに対する保険を議論したものの、合意は得られなかったという話です。要するに、生命保険や傷害保険のような民間保険が扱うアクシデント保険ではなく、健康保険や介護保険のような政府管掌保険なのかと思ったら、民間の保険会社が扱うことが前提のようですね。
不妊治療保険、金融審で議論…合意得られず
読売新聞 11月13日(火)9時55分配信

 金融審議会(首相の諮問機関)の作業部会は12日、不妊に悩む人を対象にした「不妊治療保険」を認めるかどうかを議論した。

 不妊治療には、健康保険の対象外も多いため、経済的な負担を軽くする狙いだ。しかし、商品設計が難しいことなどから慎重な意見もあり、合意は得られなかった。金融庁は今後、合意が得られれば、来秋にも関連法令の改正を目指したい考えだ。(以下略)

不妊治療保険ができたら、政府が費用の一部を事後的に補償するもののようですね。

たしかに、不妊治療は体外受精で30万~40万円が1回あたりで必要となります。だから、それが必要とされるときに保険があるといいということですね。

ただ、成立まではいろいろ反発があると思いますね。

なぜなら、怪我や病気や介護と違い、子どもを作るのはその人の勝手な意思なのに、何で保険でまかなうんだ、という話にはなるでしょうから。

ただ、それが少子化対策にはなると思うんですね。そのへんをどう考えるか、ということはあるでしょうね。兼ね合いということです。

まあでも、高齢出産を中傷するような人にとっては、許しがたいことなんでしょうね(苦笑)

まあ、モラルリスクも絶対にないとは言えませんしね。晩婚化、高齢出産などを、不妊治療保険ができたから安心して晩婚になったなんていいだしかねないですしね。でも不妊治療保険ができたとしても、晩婚も高齢出産も決してなくならないと思いますけどね。


いずれにしても、不妊治療は、社会的な問題になっている、そして社会的なニーズがある、ということでしょうね。
関連記事
TOP不妊不妊治療保険、認められず

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

不妊治療保険なるものがニュースで取り沙汰されて話題になっています。どういうことかというと、文字通り
TrackBacked by まっとめBLOG速報 at 2012/11/21 11:53

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。