高齢出産!50歳超でも妊娠する方法が明らかに!!など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

高齢出産!50歳超でも妊娠する方法が明らかに!!

高齢出産もここまできたか、と驚かされたのが、53歳という高齢で第1子の男児を出産した坂上みき。体重2600グラム母子ともに健康といいます。坂上みきの妊娠を「心が爆破」という表現で嫉妬した遥洋子ですが、この出産報道でいったい心の方はどうなったのか、伺ってみたいところです。

さて、メディアでは、このニュースを受けて高齢出産の可能性について言及することが多いようです。不妊に悩む方々には興味深い記事でしょう。

たとえば、「日刊ゲンダイ」(9月13日付)では、まずギネスブックで高齢出産の例を紹介。最高齢の出産は06年に66歳で双子を産んだスペインの女性、日本では01年に60歳の女性が他人から卵子提供を受けて出産したのが最高記録といいます。そして、厚労省の統計によると、2011年に50歳以上の女性が産んだ子供の数は41人といいます。

その上で、「女性は何歳まで子供が産めるのか」を、医学博士の左門新氏に聞いています。

左門新氏は、「40歳までに出産したほうがいいというのが医学界の見解」であることを断りつつも、具体的に高齢出産できるタイプと方法を語っています。
「40歳までに出産したほうがいいというのが医学界の見解ですが、中には50歳を越えても通常のセ×クスで妊娠できる人がいます。そうした人に共通するのは思春期にバランスの良い食事をし、適度な運動をしたこと。血管や神経、内臓などが健全に発育した人です。50歳を過ぎても生き生きしていることも好条件といえます」

といっても、運動なら何でもいいというわけではなく、マラソンや体操のような体を酷使する競技は高齢出産の障壁となるといいますから、注意が必要です。

>>たった1ヶ月で妊娠できた体質改善法

そして、高齢出産の可能性を広げる高齢妊娠の秘訣は、日ごろのセ××ス(グーグル規制により×で伏せています)にあるといいます。
「性ホルモンの分泌が良くなるため受精しやすくなるのです。週に1、2回×ック×すれば自然な妊娠も不可能じゃないし、人工授精の成功率も上がります。セ××スで女性が絶頂感に達することも重要です。女性は性的に興奮すると動脈と静脈への血流が活発になる。その際、中途半端に感じると静脈にうっ血が生じることがありますが、エ×スタシーに達すると静脈からきれいに血が引いてうっ血を解消。血液の循環が良くなって妊娠しやすい状態になります」(左門新氏)

高齢出産に該当する女性の配偶者といえば、通常はそれ相当の年齢です。「週に1、2回」は結構厳しいかもしれませんが、高齢出産でも子どもがほしい、という方は、まずそこから徹底されてはいかがでしょうか。
関連記事
TOP高齢出産高齢出産!50歳超でも妊娠する方法が明らかに!!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。