子宮筋腫は本当に妊娠できないのかなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

子宮筋腫は本当に妊娠できないのか

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ、uterine fibroids)というのも、妊娠との関連でデリケートな病気です。子宮筋腫は、子宮の筋層に存在する平滑筋細胞由来の良性腫瘍ですが、成人女性の20-30%は持っていると言われているので侮れません。高齢出産でなくともありえることなりです。

子宮筋腫は、主に30~40歳代の女性に多く、筋腫の大きさや個数は様々です。子宮筋腫の原因ははっきりしていません。ただ、女性ホルモンの影響で筋腫が発育するという説が有力です。

ところで、子宮筋腫になると妊娠できないという話があります。

ですから、子宮筋腫になったら最後、妊娠できないと思い込んでいる方も意外と、珍しくないのですが、実は、子宮筋腫は妊娠時の検診で発見されることも多く発症する病気です。

腫瘍の出来た場所やおおきさ・進行具合など、症状には大きな違いがあります。子宮筋腫が要因で不妊になる女性も多いのは事実ですが、子宮筋腫そうはいっても妊娠出来ないと言ったことではないのです。

つまり、子宮筋腫は本当に妊娠できないのか、という問いには「ノー」と答えられるわけです。

ただ、妊娠中は子宮筋腫の治療は一般的にはできないと言うことになります。

妊娠中でも筋腫の切除手術が出来ない事はないですよねが、流産や早産の危険性が高くなりますから、特別な事情がなければ妊娠中の手術を行うことはないでしょう。

また、子宮筋腫の大きさなどによっては、胎児(母体の中で成長中の子をいいます)に影響を及ぼすこともあるでしょうが、特に問題なく出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)を迎える女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)も多いみたいです。

ですから、ひとまず検査して医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)とよく相談することがすごく重要なことだといえると思います。

不妊の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)が子宮筋腫に存在しているのか否か。または、妊娠中に発見された筋腫の治療方針についても同様です。

筋腫の場所によっては胎児(積極的に良い影響を与えようとするのが胎教ですね)に影響をおよぼす事もあるので、その辺りもよく確認しなくてはいけません。

場合によると、自然分娩では無くて帝王切開で出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)しなければならないだといわれています。

いずれにしても、妊娠できるか出来ないか・出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)可能なか出来ないかなどは、腫瘍の出来るからいる場所やおおきさなど、人それぞれで全く畭なったと言うことなのです。

子宮筋腫、全く持って侮れません。
関連記事
TOP妊娠中の疑問子宮筋腫は本当に妊娠できないのか

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。