子宮内膜症の治療、その真相など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

子宮内膜症の治療、その真相

子宮内膜症と診断されれば、当然治療となります。では具体的にどのような治療があるのでしょうか。主に言われるものでは、手術、鎮痛剤、月経停止薬、ルナベル、経口避妊薬、黄体ホルモン剤、局所的薬剤療法などがあります。

子宮内膜症の治療には、子宮内膜症の起きた部位や症状・進行状況等により様々な治療方法があります。

症状がそれほど進行しておらず、軽い状態の際には漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)などの処方で様子を見る事もあるのですが、一般的に初期の段階では薬を用いての治療が行われます。

痛みどめや低用量ピル(中用量ピルよりも副作用が少なくて済むでしょう)で女性ホルモン(感動するのも分泌量を増やすのにいいのだとか)の調整をするホルモン療法などが行われます。

経口避妊薬の服用によっても月経を止めることで、子宮内膜症の進行を抑える方法です。

薬を用いての治療としては、その他にもダナゾール療法と言われる男性ホルモン(アンドロゲンとも呼ねれており、男性だけでなく女性も分泌しています)系の投与もあるものですが、いろんな副作用もあります。

もっと症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が進行している場合には、手術をうける事になります。

手術には根治手術と保存手術の2種類あります。根治手術は完全に病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)する事になりますねから、子宮と卵巣の全部を摘出してしまう事となるのです。

病気は根治しますが、その変わりに子宮と卵巣を失うので、子供を作る事が出来なくなるというデ利点があるのです。一方の保存手術のなかでも2種類あり、卵巣のみのこして子宮を摘出する手術と、子宮も卵巣も残して腹腔内手術を行う方法なのです。

当然、これらは病気の症状の進行状態により決められることになるのです。子宮を取ってしまうと自分で子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)を産むことは出来なくなりますが、卵巣が残っていれば卵子(卵細胞のことですね。卵と呼ぶこともあるようです)を取り出すことができる為、貴方の卵子(卵細胞のことですね。卵と呼ぶこともあるようです)を使用して代理母に産んでもらうと言うやり方が使えます。

いずれにしても、子宮内膜症の治療は早期受診、早期診断、早期治療が基本です。
関連記事
TOP妊娠中の疑問子宮内膜症の治療、その真相

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。