子宮内膜症、症状の真実など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

子宮内膜症、症状の真実

子宮内膜症とは何か、そして手術するためにはいくらかかるかを前回書きましたが、では子宮内膜症とはどのような症状なのでしょうか。

月経痛のような痛みを伴うという子宮内膜症だからといって、進行するにつれて痛みは次第に強くなっていきます。

進行すれば激しい痛みを伴うようになりますから、是非ともその前に早期に受診して欲しいと思っているのです。

では、通常の月経痛と子宮内膜症を判断する為にはどうすればいいのでしょう?

子宮内膜症の自覚可能な症状は痛みだけではないんですが、一般に売られている鎮痛剤(その名の通り、痛みを鎮め、軽減するための薬です)でも痛みが抑えられなくなったら子宮内膜症を疑って受診にして下さいね。

また、子宮内膜症では生理が来るごとに痛みがますます強くなっていくと言う特徴もあるはずです。

それに、進行すると下腹部のみならず痛みの範囲が広がっていき、場合によっては排便時に痛みを伴ったり、吐き気などといった症状があらわれる事もあるでしょう。

生理時の出血量も増えますから、その辺りも1つの目安だといえます。ドロッとした大きな塊が出たり、頻繁にナプキンを交換しなければならないほど出血が増えたりします。

加えて、生理がなかなか終わらずにいつまでもダラダラと出血が続いたりなどの症状も見れるようになるでしょう。

こういう症状が感じられた場合には、子宮内膜症を疑って通院されるといいんです。その他には、それまでとは違う性交痛を感じたり、トイレ(日本は完全に個室になっているタイプのトイレがほとんどですが、海外では仕切りがないことも珍しくないそうです)が近くなったり、腰痛が出たりということもありますし、出血量の増加によっては貧血(血液中のヘモグロビン濃度が低くなることで、十分な酸素が運ねれず、細胞が酸素不足になってしまいます)が起きるケースもあるかもしれませんね。

いずれも自分で自覚可能な症状ばかりですから、こんな症状が見られたら、なるべく早期に受診されることをオススメします。
関連記事
TOP妊娠中の疑問子宮内膜症、症状の真実

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。