子宮内膜症、手術ならいくらかかる?など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

子宮内膜症、手術ならいくらかかる?

高齢出産や前置胎盤に限らず、妊娠・出産にはいろいろな障害があります。

たとえば、子宮内膜症や子宮筋腫などもそうです。ということで、まずは子宮内膜症について書いてみましょう。

子宮内膜症は、子宮の内腔以外の場所にも子宮内膜が生育している症状をいいます。子宮内膜症は症状が進行していなければ手術する必要はないでしょうが、症状が進行していると、場合によっては子宮も卵巣も全摘出しなければならないこともある怖い疾患なのです。

子宮内膜症の症状がすすんでいれば手術をするとして、ではその手術というのも、進行状況によっては内容は全く畭なってくるのです。

例えば、同じ子宮内膜症の手術でも、子宮も卵巣も全摘出してしまったりする手術から、卵巣は残して子宮だけを摘出する手術、子宮も卵巣も残す腹腔鏡(卵巣摘出術や胃切除術、副腎摘出術など、内臓の様々な疾患の手術の際に行われる手術です)を使用した手術などの違いがあります。

当り前のことですが、手術のやり方によって金額には違いが出てくるのですから、手術費用は一概にいくらといえるものではないんです。

また、開腹手術では1~2週間ほどの入院が必要ですし、腹腔鏡(「ふくくうきょう」と読み、4孔式と単孔式があります)を使った手術では開腹手術より体の負担は軽いとはいえ、費用の面では高いといった傾向にあるでしょう。

保険が適用される手術であれば、大体20~30万円程度が普通の自己負担額になるのではないでしょうか。女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)用の保険に加入していれば、保険から手術費や入院費も出ますから、保険に加入しているならあまり心配はないなのですね。

当然、人それぞれで症状の進行具合や回復力などには差があるみたいなので、入院の日数や手術内容にも違いがあるのです。ですから、あくまでも目安と考えましょう。

それに、子宮内膜症の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)では、保険の適用範囲のものとそうでないものがあるため、そのあたりは医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)とよく相談して決めるなさってくださいね。
関連記事
TOP妊娠中の疑問子宮内膜症、手術ならいくらかかる?

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。