高度生殖医療で妊娠確率を高める!?など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

高度生殖医療で妊娠確率を高める!?

高度生殖医療が注目されています。高度生殖医療(ART)とは、卵子や精子を殻から出して処置する不妊治療、つまり体外受精や顕微授精などを指しています。直接卵子や精子に手を加えるので、普通の不妊治療に比べて妊娠確率が高いのです。技術と確率の2つの点で「高度」ということでしょうか。

不妊に悩めば、不妊治療ということになりますが、高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません。では、不妊治療には具体的にどのようなものがあるかご存じですか。

不妊治療にはいろいろなものがあります。排卵誘発剤やタイミング療法、人工授精に体外受精等……。現在の不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)って一体どのような治療を行っているのでしょうか。

まず、高齢出産であれ、そうでない場合であれ、不妊治療は大きく、一般不妊治療(タイミング法によって妊娠に至る夫婦も少なくありません)と高度生殖医療とにわけられています。今回クローズアップするのは、高度生殖医療です。

一般不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)は、とりあえず不妊の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)をしらべる不妊症(冷え性などの体質を改善することも大切でしょう)検査から始まります。

この時点で不妊の原因が判明すると、次の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)に進めるようですね。

例を挙げて見たら、排卵障害が原因であれば排卵誘発剤を利用し、子宮筋腫が原因であれば筋腫核手術を行う、と言う具合です。

また、不妊症検査の精液検査で異常が発見された場合や性交障害等の場合なら、精子を人工的に子宮の中に注入する人工授精も行われます。

勿論、不妊症(避妊をしなくても一定期間以上妊娠できない、もしくは、妊娠状態を維持できないことをいいます)検査で異常が見つからなければ、自然に妊娠出来るように排卵の時期に合わせてのタイミング療法をするように指導されます。

>>不妊に悩むなら、まずコチラをご覧ください

けれど、この一般不妊治療(高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません)をやったとしても半年~一年以内に妊娠が出来ない場合や、不妊の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)によっては、すぐにでも次の段階の高度生殖医療が行われるケースもあるのです。

この高度生殖医療は、最終的な妊娠の手段として、体外受精や顕微受精等を行うんです。

顕微授精等を利用し、卵子(これまでは生涯でつくられる?が決まっていると考えられていましたが、近年では違う研究結果も出ているそうです)を取り出し、精子と受精させて数日間培養させ、細胞分裂が始まれば女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の子宮内に戻す治療法です。人工受精と比較しても受精率は高いといえると思います。

高齢出産などにはとくに有効な選択肢なのかもしれません。
関連記事
TOP不妊高度生殖医療で妊娠確率を高める!?

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

高度生殖医療が注目されています。高度生殖医療(ART)とは、卵子や精子を殻から出して処置する不妊治療、つまり体外受精や顕微授精などを指しています。直接卵子や精子に手を加える...
TrackBacked by まとめwoネタ速neo at 2012/06/28 00:00

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。