漢方薬は不妊症にも効くの?など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

漢方薬は不妊症にも効くの?

漢方薬、別名生薬といわれるものがあります。その漢方薬を使用して妊娠出来ると聞いたことはありますか。それは果たして本当のことでしょうか。漢方薬不妊症改善について考えてみましょう。

漢方薬を用いて妊娠。漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)=妊娠って感じですけれど、そもそも妊娠できる漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)はありません。

妊娠はあくまでも女性の卵ですから、いかなる漢方薬でもそれ自体が妊娠をする要素には也得ません。

ただし、漢方薬が、妊娠しやすい体に改善していくという補助的な役割を担うことはあり得ます。

例えば、不妊症(適切な治療を受けることで、妊娠できるケースも少なくありません)の要因として冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)があれば、漢方薬(主な原料は植物の根や葉、樹皮などです)を使い、血の流れを良くし、冷え(冷えを改善するためには、口に入れるもの、つまり、食生活と生活習慣を見直す必要があります)を改善していくという方法があります。

>>大丈夫!不妊は漢方で治る

もちろん、漢方薬(中国の伝統的な医学の一種ですが、日本独自の処方などもあります)にも沢山の種類がありますから、一概にこれが良いとは決められません。

漢方薬局や漢方外来などで、自分に合った漢方薬の処方を受けるのが一番です。以下は、妊娠しやすい体質に変えていく効果がある漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)の一部です。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・冷え性(自律神経失調、鉄分不足、ホルモンのバランスの崩れなどが原因になるようです)や月経不順などに効果があります。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・冷え性(漢方薬やサプリメントなどで改善できることもあります)、めまい、血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)に効果があって、子宮内膜症や子宮筋腫がある場合にも使われることが多々あるのです。

・八味地黄丸(はちみじおうがん)・・・冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)の改善に効果的でしょう。

・四物湯(しもつとう)・・・体の血行を促進して、子宮や卵巣の働きを良くします。

これらはほんの一部で、他にも多くの漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)があるんです。

くれぐれも、ご自身の症状や体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)に合った薬を服用するようにします。漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあるでしょう)は緩やかに効いていく薬で、すぐに劇的な変化は見られないのです。過度な期待はせず、気を長くもって続けることが大事なのです。
関連記事
TOP不妊漢方薬は不妊症にも効くの?

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

漢方薬、別名生薬といわれるものがあります。その漢方薬を使用して妊娠出来ると聞いたことはありますか。それは果たして本当のことでしょうか。漢方薬と不妊症改善について考えてみ...
TrackBacked by まとめwoネタ速neo at 2012/06/22 21:12

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。