36歳第二子妊娠、「高齢出産」の年齢ではありますが……など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

36歳第二子妊娠、「高齢出産」の年齢ではありますが……

高齢出産といえるかどうか、板谷由夏が妊娠5ヶ月と報じられています。

板谷由夏の年齢は36歳。初産ではないので普通そうは呼ばないのですが、年齢だけを見ると高齢出産に入ります。またネットでは高齢出産叩きをするのでしょうか。
板谷由夏が妊娠5ヶ月 8月中旬に第2子出産
オリコン 3月13日(火)11時59分配信

 女優・板谷由夏(36)が13日、第2子を妊娠したと所属事務所を通じて発表した。現在妊娠5ヶ月で8月中旬出産予定。可能な時期まで仕事を続け、産休・育児休暇後に復帰する予定。

板谷由夏、夫・古田ひろひこ氏との馴れ初めを告白「気が付いたら隣にいた」

 板谷は安定期に入ったことから「今年の夏、我が家に新しい家族が増えることになりました」と妊娠を発表。「てんやわんやの日々が目に浮かびますが、一人の人間として、母として、役者としてこれからも元気に毎日を重ねていけたらと思っています」と喜びのコメントを寄せた。

 板谷は2007年2月にスタイリストの古田ひろひこ氏と結婚。翌08年6月に第1子となる男児を出産した。

前回の出産から3年あいていますし、子宮も適度にお休みできた「理想の間隔」ではないでしょうか。

私は前置胎盤からの帝王切開だったので、高齢出産よりも、間を空けない出産の方が気になります。

出産すると、医師からは「2年は子宮を休ませるのが理想」といわれ、カレンダーの読み違いや、月経がこないことに油断して、ひにんを怠らないように、指導されます。

かといって、あまり間が開いてしまうと、それだけ母体も年をとりますし、第一子と第二子の年(大げさに言えば世代)が離れると、子育てがちょっと大変になるんですね。

たとえば、上の子が子育て一段落のときに生まれると、休みなしに引き続き、ということになってしまうわけです。

ただ、このブログでも何度も書いている通り、妊娠というのは、計算どおりにはいかないものなんですね。その上に、家庭や自分の事情も絡んできますから、妊娠⇒出産って、いつでもできそうで、実はその人の一生で、限られたときしかできないものなんです。

それが、人によっては36歳以後になってしまうこともあるわけで、はたしてそれを医学的なリスクの上昇を絶対化して非難できるのか……いちがいにはいえない難しい問題だと私は思います。

不妊については、>>自宅でできる"妊娠成功"短期集中講座に詳しく触れられています。
関連記事
TOP高齢出産36歳第二子妊娠、「高齢出産」の年齢ではありますが……

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

私の不妊症の改善方法は、何も難しいことはありません。 非常にシンプルな3つステッ...
TrackBacked by 役立ち情報 at 2012/03/17 08:57

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。