不妊治療、東尾理子さん、モナさんの場合など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

不妊治療、東尾理子さん、モナさんの場合

東尾理子さんが妊娠を発表したことを受けて、元タレント・中西モナ(旧姓山本)さんがブログで祝福のコメントを寄せたことが話題になっています。

要するに、モナさんも不妊治療をしていたことが明らかになり、そちらの方が話題になっているのです。
理子妊娠に“同志”モナも喜ぶ

デイリースポーツ 3月2日(金)20時16分配信
 プロゴルファーの東尾理子が2日、妊娠を発表したことについて、同じく不妊治療を続けていた元タレントの中西モナ(旧姓山本)さんがブログで祝福のコメントを寄せた。

 モナさんは昨年11月に妊娠を発表。出産予定日は7月と明かしている。

 2日、モナさんはともに不妊治療を続けていた“同志”の妊娠に「きょうはとってもうれしいニュースがあったよ」とブログで報告。「まだまだ不安がいっぱいな時期だと思うのだけど、すべてを受け入れる覚悟があるからっていう文章は、とっても理子ちゃんらしくて素敵だったな」と激励の言葉をつづった。

モナさんもいろいろ異性問題があって、結局芸能界の第一線を退きましたが、普通に結婚して普通に子どもを生むことを選んだようです。それはそれでよかったのではないでしょうか。

不妊治療は、お金もかかるしいろいろつらいこともあります。

とくに高齢になると、自然妊娠と比較してもあまり有意な差がなくなる(つまり「治療」の効果はない!?)ので、妊娠を希望する人なら、誰に対しても絶対にやったほうがいいといえるものではありません。

ただ、東尾理子さんや中西モナさんように、子どもがひとりもいない新婚さんで子どもを希望するなら、それは十分すべき選択肢であると思います。

昨今は高齢出産のネガティブキャンペーンがあるように思いますが、妊娠というのは、いろいろな要素(体質、年齢など)とともに、当事者の価値観で結論を出すデリケートなことなので、周囲の人は後方で見守り、アドバイスできることがあればする、という立場に徹すべきだと思います。

不妊については、>>自宅でできる"妊娠成功"短期集中講座に詳しく触れられています。

これでいいのかしら?「妊娠系」の疑問―赤ちゃんが産めるからだ入門 (講談社プラスアルファ文庫)これでいいのかしら?「妊娠系」の疑問―赤ちゃんが産めるからだ入門 (講談社プラスアルファ文庫)
(2004/02)
中村 はるね

商品詳細を見る
関連記事
TOP不妊不妊治療、東尾理子さん、モナさんの場合

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。