高齢でも産もう!など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

高齢でも産もう!

出産についてのニュースなので、何かと思ったら高齢出産のリスクだった。
まあ、たしかに若いよりは高齢なほうがリスクなんですが、それを言ったら仕事をしようがスポーツをしようが、高齢であればあるほど、怪我や病気の確率は高くなります。どうして出産だけが「高齢」がクローズアップされるのでしょうか。ちょっと読んでみてください↓

高齢出産 35才からとされているが30才を過ぎるとリスク上昇

NEWS ポストセブン 11月7日(月)7時5分配信
日本では、出生に占める35才以上の母親の割合が年々増加している。厚生労働省の人口動態統計から算出すると、1970年は4.7%だったが、2010年には23.8%に増加。第1子を35才以上で産む高齢初産婦も17.1%で、1970年の8倍以上に伸びている。産科医・性科学者の宋美玄さんと医療ジャーナリストの熊田梨恵さんが語り合った。

熊田:そもそも何をもって「高齢」出産なんですか?

宋:そうですねえ、いわゆる出産適齢期というのは20才から35才なんです。日本産科婦人科学会は35才以上の初産婦を「高齢出産」と定義してますけど、35才から突然リスクが上がるわけじゃなくて、30才を過ぎたころから徐々に上がっていきます。

50才以上で閉経した女性が妊娠出産することを「超高齢出産」なんていったりもするんですよ(※日本人の閉経年齢の平均は50才前後。医学的には、閉経した女性でも卵子提供を受けるなどすれば出産は不可能ではない)。実際は50才以上の妊娠は不妊治療を駆使しても難しいことが多いですけどね」

熊田:日本は超高齢社会であるのに、超高齢出産まであるんですね…。具体的なリスクはどんなことがありますか?

宋:一般的には、不妊、流早産、多胎(双子以上の妊娠)、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、妊娠糖尿病など妊娠時にかかるさまざまな病気、出産時のトラブル発生などのリスクが上がってきます。先天異常、特に染色体異常でダウン症のお子さんが生まれる確率も上がってきますね。帝王切開や、なかなか子宮から下りてこない赤ちゃんを引き出す吸引分娩になるケースも増えます。

熊田:そうですよね…。よく考えたら、若いころに比べて体力やさまざまな機能が衰えていってるわけだから、卵子も老化していくわけなんですよね。性教育ではそういうことこそちゃんと教えてもらいたかったです。うう~、やっぱり早く産まなきゃ…。

宋:まあまあ、ちょっと落ち着いて。あんまり思い込みすぎないでほしいのは、若い妊婦さんだって妊娠・出産にはこれまで話してきたみたいなリスクがあるんですからね。染色体異常だって、20才未満の母親から生まれた場合でも1000人に1人はいます。ただ40才以上になると60人に1人と確率は上がります。

日本の場合、2009年の第1子の平均出産年齢は29才で、そもそも若い世代の出産件数のほうが多いこともありますが、ダウン症のお子さんのお母さんたちの集まりなどに参加すると、“高齢”ではない若いお母さんがたも多いですよ。それよりも、若くても、妊娠中の飲酒・喫煙、ダイエットしすぎ、妊婦健診を受けないといったお母さんのリスクのほうがずっと怖い気がしますけどね。
いろいろ書いてありますけど、確率の問題で、20代の出産だってリスクはあるのです。

たとえば、体外受精で前置胎盤になる確率はその倍あるといわれています。妊娠が契機となって発症する妊娠糖尿病は、妊娠高血圧症候群や羊水過多症、感染症などを引き起こしやすくなります。それだけでなく、胎児も高血糖となり、将来糖尿病になる可能性もあるといわれます。それらは若くてもなるのです。

子役スターだった間下このみの難産でクローズアップされたのが「抗リン脂質抗体症候群」。習慣性流産・死産・血栓症などを引き起こすといいます。

そうしたことがなくても、出産時に子宮破裂するリスクは全妊娠0.03~0.1%はあるといわれます。前回帝王切開で次に経膣分娩する妊婦では、その0.8%が子宮破裂になるという統計もあります。出産時に胎児が死亡すると、老廃物が母体に逆流して妊婦もなくなる場合もあります。

『ウェディングベル』がヒットしたシュガーの毛利公子がそれで急死したのはショッキングでした。

いずれも、僅かな確率ですが、ひとつひとつは生命そのものをおびやかしかねないものであり、年齢に関係なくどんな妊婦でも起こりうるリスクです。

出産というと、自然の摂理で女性なら誰でも当たり前にできるように思っている人が、男性だけではなく若い女性にもいるかと思うと、一方で、高齢出産のリスクばかりをクローズアップするムキもあります。

高齢で産もう! とは言いません。でも、高齢で「も」産もう! とは言ってもいいですよね。
関連記事
TOP高齢出産高齢でも産もう!

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

私は妻を出産時に亡くしました。
若かったですが。子供も死産でした。

それでも、わざわざ高齢で「も」産もうというような全体的な風潮は、決してよいことではないように思います。あげられておられるリスクは、数倍にあがっていくのではなくて、極端にはねあがっていきますよね。

もちろん、高齢で恵まれて産むのはよいですが、高齢でも産めるからと出産時期を遅くして、自分のキャリア、遊び、夫婦の我欲などで出産を伸ばす可能性をあまり喧伝することには賛成できません。

高齢でも産めるがリスクが跳ね上がっていくことのほうが、あまり知られていないからです。
ダウン症の発生確率の母体年齢ごとのあがり方等は恐ろしい数字ですよね。某議員の出産が医学に頼り、自分のキャリアを築いてきた代償というのはあまりにも切ない。


どうか、我欲より、子供を中心に考えてほしいと思います。産まないという選択ならよいですが。
at 2011/12/19(月) 16:03 | URL

じゃあ、43歳で生まれた私の子供は
あなたの理屈では生まれちゃいけなかったわけですね。

自分の体験だけで勝手に「べきでない」などと言ってはいけませんよ。

私は、自分の体験だけで「べきだ」というような
思い上がった気はありません。
ただし、根拠もなく迷っている人には
「私のようにうまくいった例もあるよ」と
体験をお教えすることで、前向きな気持ちを持っていただければ
とは思います。
でこらんぱん at 2012/02/01(水) 20:48 | URL

このコメントは管理者の承認待ちです
at 2014/07/08(火) 11:46 |

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。