産後のカラダのケアなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

産後のカラダのケア

高齢出産に限らず、産後に体の痛みに悩まされる女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が多いようです。

授乳などで慣れない姿勢をとるために、首や肩などが痛むと言うのだったら、原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)がハッキリしているため、それ程心配しないのですよね。

でも、なかなか起き上がれないほど腰が痛かったり、腕(油断すると脂肪がついてしまいやすいところでもあります。特に女性は注意が必要でしょう)が上がらなくなってしまったり、肘や手足の指(痛みを感じやすく、些細な違和感も気になりやすいところです)に痛みを感じたりと、関節を中心にした痛みを感じる女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)も多いんです。

あまりにも指(よく使う人は時々マッサージしてあげると、疲れが取れるでしょう)や腕の痛みがひどくて、物を持つのにも苦労したり、普通の暮らしが送れないほどの体の痛みを感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは、出産後のホルモンバランスの乱れや出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)の際の骨盤(大腿骨と脊柱の間にある体を支える骨の集合体です)のズレ、カルシウム(出血を止めたりする働きなどもあり、生命活動の維持のためにも必要不可欠な栄養素です)不足等が原因だんですよ。

特に、帝王切開で出産した場合、お腹の傷をかばうために不自然な姿勢をとりがちになり、腰などに大きな負担をかけることが多いといわれているのです。

また、出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)そのものが、腰周辺の筋肉や体の大きな負担をかけてるため、体に痛みが起こりやすいのです。それに、出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)をきっかけに、リウマチや膠原病などを発症してしまうケースもありますから、もし、出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)後の体の痛みが強くて長引くようであれば、専門医(かかりつけ医に診てもらうのもいいですが、不調の箇所や原因がある程度はっきりしているのなら、こちらを選択する方がいいかもしれません)の診察を受けて、血液検査などをしてくださいね。

整体(自分で自宅で行える自力整体という療法もあります)院、カイロプラクティックなどで骨盤(寛骨、仙骨、尾骨で構成されており、思春期を迎える頃にそれぞれの骨が癒合して一体化するそうです)のズレを矯正することによって、体の痛みが改善するケースもあるみたいです。

カルシウム(出血を止めたりする働きなどもあり、生命活動の維持のためにも必要不可欠な栄養素です)不足が原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の場合だったら、妊娠中ならともかく、妊娠後にカルシウム(骨や歯などを作る成分で、不足すると骨粗鬆症になってしまう恐れがあります)を多く取るようにしても、体の痛みは改善されないになるかもしれません。

ただ、母乳(母子の絆を強くする意味でも母乳を与えるといいと言われています)を止めて、粉ミルクにする事で、体の痛みが解消する事もありますよ。産後の体の痛みは、一般的に、産後10ヶ月から1年くらいで治まります。それまでは、いたみ止めで症状を抑制するなどすることで、我慢するしかありません。

夫婦の性交渉については、こちらが詳しいのでクリックしてください↓
夫婦円満 セックスレス解消ブック
関連記事
TOP産後について産後のカラダのケア

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。