赤ちゃんの手続きはハイリスク出産でも同じなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

赤ちゃんの手続きはハイリスク出産でも同じ

高齢出産前置胎盤は、いわばハイリスク出産。出産そのものが大変なことですが、赤ちゃんは生まれてからが大変です。

産後には、生まれた赤ちゃんの戸籍や保険など、しなくてはならない手続きがいくつかあるのです。

期限が決まっているものもありますし、手続きを行わなけれねもらえたはずのお金がもらえないなんてこともあるため、予めよく確認して下さいね。

最初のうちは、赤ン坊の出生届を役場所に提出してください。出生証明書は病院が発行してくれるはずです。それに、母子手帳と印鑑が必要です。出生届は出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)した日が含まれた14日以内に、赤ちゃんの名前を記入して提出する必要があります。高齢出産前置胎盤で産後の入院が長引いても、それはいっさい考慮されません。

できれば、平日の役所が開いている時間内に提出すれば、そ以外に必要な手続きについての説明も受ける事が出来るでしょう。

出生届の提出と一緒に、児童手当金の手続きもしておいて下さい。児童手当金は所得や扶養の人数などといった諸条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)により、年金から支払われるお金です。健康保険証、年金加入証明書、銀行の口座番号が分かるもの、印鑑などといった他、所得証明が必要になる事もあります。

出生届が受理されると母子手帳にその事が記載され、それを勤務先の窓口や役所の国民健康保険課に提出する事で、あかちゃんを健康保険に加入させることが出来るでしょう。

母子手帳の他にも、出生届のコピーや健康保険証、印鑑などが必要になるでしょう。提出先は、加入している健康保険の種別によっては異なるんです。健康保険に加入したら、乳幼児医療費助成制度への申し込みが出来るようになるのです。

必要である書類は自治体により異なるので、予め確認してください。また、出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)育児一時金や女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)が働いている時には、出産手当金や育児休業給付金の手続きも必要です。

特に、出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)手当金は、一年以上在籍していて、退職してから六ヶ月以内に出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)すれば、退職後でももらえるでしょう。
関連記事
TOP産後について赤ちゃんの手続きはハイリスク出産でも同じ

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。