産後うつ病は高齢出産、前置胎盤でも注意すべきなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

産後うつ病は高齢出産、前置胎盤でも注意すべき

高齢出産前置胎盤というのは、いわゆるハイリスク出産です。

ハイリスク出産かそうでないかにかかわらず、明確な原因が未だによくわかっていないのですが、産後うつ病です。

出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)後に肉体的・精神的にバランスを崩してしまって、「産後うつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)」にかかってしまう方がいらっしゃるのです。

世間的には、まだ産後うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)は広く知られていありませんが、出産後の10パーセントから15パーセントの女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)がこの病の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を訴えていますからす。

うつ病(本人だけでなく周囲のサポートが必要不可欠でしょう)だと気がつかないで放置したりしたら、新聞(今でも読むのを楽しみにしている方が多いようです)やニュースでもよく見かけるような乳幼児虐待の事件に発展してしまったり、母子で心中なんてことにもなりかねません。

たんなる育児疲れなんて思って放置しておくのではなくて、速やかに病院に行き適切な処置を受ける必要があります。高齢出産前置胎盤の人も例外ではありません。

産後うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)の主な症状というのは、食欲がなくなったり、ちょっとしたことでも無性に疲労を感じたり。身体的な症状のみならず、昔は気にもしなかった赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまったり、自分の存在価値って一体何なんだろう……分的に憂鬱におちいったりと色々です。

このような症状は、おおよそ出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)から4週間ほど経過した頃に出始めてきます。

出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)から三箇月から1年が経つ頃には、こういう症状が消える方が大半です。

でも、そのまま放っておいて、鬱状態をひどくして、本当にうつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)を患ってしまう方もいらっしゃるのです。

そして、外傷のない精神の病気は周囲に理解されにくい。

ちょっと風邪に似た症状である事や、育児で疲れたりする事は当たり前だとはじめから思い込んでいらっしゃる方が多く、ムリしてしまうになるでしょう。

ご自身の周りにこんな症状で悩む友人がいたり、現在自分がこんな症状で悩むのであれば、病院や子育て支援センターなどに一度相談してみると良いでしょう。

産後うつ病高齢出産前置胎盤……重要な問題です。

【送料無料】よくわかるうつ病のすべて

早期発見から治療まで 鹿島晴雄 宮岡等 永井書店発行年月:2003年12月05日 予約締切日:2003年11月28日 ページ数:319, サイズ:単行本 ISBN:9784815916770 鹿島晴雄(カシマハルオ)慶応義塾大学医学部精神神経科教授宮岡等(ミヤオカヒトシ)北里大学医学部精神科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 概念・分類/病因(生物学/病前性格と状況)/疫学/症候学/抗うつ薬療法/抗うつ薬以外の薬物療法/電気痙攣療法と経頭蓋磁気刺激療法/精神療法-特に認知行動療法、対人関係療法、家族や職場のサポートなど/ストレスとうつ-ストレス対処法〔ほか〕 本書は、うつ病に関するさまざまな問題を取りあげ、多くの専門家に最近の知見を含めお書き頂いた。
28章にわたっており、うつ病に関する問題は生物学の最近の知見から一般医へのアドバイスまで、ほぼ網羅されていると考えている。
まず総論的なはじめの10章までは、うつ病の分類と概念、病因に関する最近の生物学的知見と病前性格、疫学、症候学が、また治療として、抗うつ薬およびその他の薬物療法、電気痙攣療法と経頭蓋磁気刺激療法、各種の精神療法が述べられ、ストレスとうつの章では予防と自己管理についてふれられている。
続く各論では、さまざまな型のうつ、混合状態、ラピッド・サイクラー、難治性うつ病が取りあげられ、またうつを惹き起こすものとしての身体疾患、アルコール、薬物につき述べられている。
さらに、ライフサイクルとうつについて、小児・思春期と老年期または産褥・性周期・更年期に分けて章が割かれている。
自殺についても1章を設けた。
最終章では、精神科医と同様またはそれ以上にうつを診ることの多い一般医のための早期発見を含めたうつ病診断や専門医紹介のタイミングについて留意点が述べられている。
本 科学・医学・技術 医学・薬学 医学

 

関連記事
TOP産後について産後うつ病は高齢出産、前置胎盤でも注意すべき

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。