不妊治療の子宮卵管造影検査など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

不妊治療の子宮卵管造影検査

高齢出産不妊の方などが経験されてきた不妊治療。その検査のひとつに子宮卵管造影検査というのがあります。

不妊治療で行われる子宮卵管造影検査とは、早い話がレントゲン撮影です。胃の検査でバリウムを飲んでレントゲンを撮った経験がある人は多いと思いますが、これと同じような仕組みです。

>>自宅でできる"妊娠成功"短期集中講座

バリウムのように、自分で飲むわけに行きませんから、造影剤はドクターに入れてもらうことになります。造影剤を子宮に入れた状態でレントゲンを撮影。子宮や卵管の異常を調べる検査です。

不妊治療で検査を始めると、ほとんどの方がこの検査を受けることになるでしょう。やはり、レントゲンは画像検査としてはもっとも一般的です。

現在では、内視鏡を使った子宮鏡検査の方が様々な面で検査精度が高いのですが、それでも今なお子宮卵管造影検査が行われるのは、実は検査目的だけではないケースも多いのです。

子宮卵管造影検査の直後から半年間の間、は妊娠しやすくなるといわれています。これ、耳寄りの話ですね。とくに検査後3ヶ月の間の妊娠率が顕著に高まるという報告があるのです。

これは造影剤を注入することによって、卵管などに詰まりがあった場合に詰まりが取れるからだと考えられています。

もちろん、だからといって誰でも妊娠できるというわけではありませんが、特にこの検査で詰まっていたのが確認されたような方の場合は妊娠率が高まるようです。

不妊に悩まれる方、高齢出産をもくろんでいる方、ではさっそくこの検査を、と思われますか。

ただし、この検査は大変痛いそうです。当然、病院側からもそのような説明があると思います。感じ方は人それぞれですが、病院によっては座薬などの痛み止めで痛みを和らげることもあるくらい痛みが強いと言われる検査です。

高齢出産不妊治療、子宮卵管造影検査、なかなか難しいテーマです。

自宅で出来る!奇跡の自然妊娠法
この方法は、不妊治療を続けているのに妊娠できない方病院へ行くことをまだ決めかねている方病院で治療をしていたが、妊娠できなかった方できれば自然に妊娠したいとお思いの方とにかく、赤ちゃんが欲しい!とお思いの方全てに、是非読んで頂きたいのです!
詳しくはコチラ>>
関連記事
TOP不妊不妊治療の子宮卵管造影検査

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。