不妊治療では夫も検査されますなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

不妊治療では夫も検査されます

高齢出産の方も多く使われたと思われる不妊治療というのは、妊娠しない、妊娠できないための治療ですが、妊娠自体は女性がするとしても、そのきっかけを作るのは男性の側です。したがって、不妊治療というのは妻だけでなく夫の側にも行われるのです。
>>自宅でできる"妊娠成功"短期集中講座

具体的には精液検査です。精液検査というのは、女性側に問題が発見されないとき、男性に行う不妊の検査です。いわゆる「男性不妊」の場合の検査です。

男性不妊では、精子の量が少ない、濃度が薄い、運動率が悪い、弱いといったことが考えられます。男性不妊というと無精子症を思い浮かべる人も多いでしょうが、実際には、精子が弱い場合がほとんどです。

精液検査は簡単です。病院内の指定された個室やトイレなどで、指定された容器に自分で精子を採取して提出するというものです。

無理やり器具などで抽出するわけではないので肉体的苦痛はありませんが、何らかの方法で発射したものを提出するのです。精子を採取する作業に大きな精神的苦痛を感じる男性も多いのは当然です。そのため、夫側の理解を得られない場合もあるようです。そこで、最近では自宅で採取したものを持参する方法を採用している病院もあります。

採取した精液は、濃度や量、運動率や生存率、奇形率や白血球の数などを細かく検査し、なぜ妊娠させるに至らないかを調べられます。

検査前はより長く、1週間など期間の禁欲を指示されることになります。ためておくためです。これも微妙な問題です。禁欲期間が短すぎたり、長すぎたりすると発射される料の問題で正確な検査ができないこともあり、理想としては4~7日間の禁欲が推奨されています。

高齢出産の場合、相手の男性も高齢である可能性が高いことから、その期間がむしろ短かったり、若い人には長すぎたりすることもあるでしょう。

不妊治療、なかなか難しいテーマです。

たった1ヶ月で妊娠できた真実の体質改善法。赤ちゃんが授かる秘訣集!子宝の知恵シリーズ①『しあわせ妊娠マニュアル』
一人でもたくさんの赤ちゃんが生まれますように!!妊娠・不妊でお悩みのあなたへ子宝の知恵をお届けします!!
詳しくはコチラ>>
関連記事
TOP不妊不妊治療では夫も検査されます

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。