妊娠しやすい食生活など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

妊娠しやすい食生活

妊娠と食生活は関係あるのか。高齢出産や不妊症の方々にとっては気になる情報です。

ついでにいえば、前置胎盤にならない食生活もあれば、なんて思いませんか。

それはともかくとして、妊娠しやすい食生活というのはあるのでしょうか。
妊娠は精子が卵子に到達することで受精、着床してできます。ただ、女性の体質やいろいろな事情から精子が卵子に到達しにくくなる場合があります。

たとえば女性が冷え性だったらどうでしょうか。一般に、冷え性の女性は妊娠しづらくなるといわれます。理由は、体内に入った精子の動きが鈍ってしまうからです。

女性の体内が、酸性に傾いていると妊娠しづらくなるといわれています。いわゆる「命中日」(排卵日)は膣内がアルカリ性に傾くとも言われます。酸性の体内では精子が弱りやすいのです。

その中でもとくに、Y染色体(男精子)は酸性に弱いと言われています。これを利用した男女の産み分けが流行ったこともありましたね。どのくらいエビデンスがあるのかはわかりませんが。

体内が冷え性や酸性である場合、食事によってある程度改善することが可能です。また、さまざまなビタミンやミネラルの中には、卵巣の機能を整え、女性ホルモンの働きを助けるものがいくつも存在します。そういった栄養素を含む食事を積極的に摂取することで、妊娠しやすい体づくりが可能になります。

その意味では、「食事」といっても食材だけでなく、サプリメントも有用かもしれません。高齢出産の人が、年齢による衰えを補うという意味でも侮れません。

もちろん、不妊の原因は一概に言えないので、素人が勝手に決め付けて食事療法だけで改善するわけではありません。フードファディズムといって、食べ物に対する健康改善の期待が強くなりすぎてもいけません。

ただ、排卵誘発剤を使うにしても、人工授精を行うにしても、体外受精を行うにしても、母体を少しでも精子や受精卵にとって居心地良い状態にしておく必要はあります。

身体を温めて血行を良くする食事やミネラル・ビタミン・を多く含んだバランスの良い食事を心がけ、身体を冷やす食事は控えましょう。それに、肉類は身体を酸性にしますから、出来るだけ控えたほうが良いですね。

高齢出産、不妊、食生活、重要なキーワードです。

>>妊娠可能度無料診断プレゼントはこちらをクリック!

妊娠期食献立例模型(初期)1800◇実物大食品サンプル

妊娠初期に1日に必要な摂取量1800キロカロリーの食事献立例模型です。
ランチョンマット食別栄養成分カード付き

 

関連記事
TOP高齢出産妊娠しやすい食生活

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。