不妊治療としての人工授精の成功率は……など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

不妊治療としての人工授精の成功率は……

不妊治療として気になるのは人工授精。さらに気になるのはその成功率でしょう。

不妊治療担当の医師が人工授精を提案し、ご自身も人工授精を覚悟した時から、おそらく経験者のさまざまな声から、その成功確率を考えるようになると思いますが、それほど高くないのだとガッカリする人も多いかもしれません。

といっても、それをためらう必要はありません。大きな試みであるほど、より高い成功率を求めるのは当然のことだと思います。

ただ、ひとつ申し上げておくと、不妊治療としての人工授精の成功率は人によって全く違います。ですから、一喜一憂する個別の例だけが全てではないのです。

たとえば、不妊の原因や度合いは人それぞれ異なります。当然のことながら、年齢や生活環境なども大きく関係してくるのです。

そのため、一概に成功率は何%と言えるものではないのが本当のところでしょう。

とはいえ、その平均値は気になるのが人情というものかもしれません。きっと人工授精の相談をした時から、医師にその事実を告げられているとは思いますが、人工授精の成功率は、一般の平均で5~10%程度と言われています。

さあ、この数字を初めて聞いたあなたは、どう思いますか。
思ったより高いですか、それとも低いですか。

10~20回に1度の成功率ですから、一般的には「1回の人工授精で受精できる人は少ない」という印象を持たれると思います。

最近では、産婦人科そのものが減少していることと、人工授精や体外受精はお金が掛かることから、5回程度で諦め、次の段階の体外受精に挑戦する人が多いようです。

確率的には、7回の人工授精で成功しない場合には人工授精は諦めるように勧められるでしょう。

ただ、繰り返しますがもともと確率は「10~20回に1度の成功率」ですから、悔いのないようにするには、極端に言えば20回までチャレンジしなければ本当の意味で答えは出ないということです。

いずれにしても、人工授精にしても体外受精にしても、その成功率は人それぞれで全然違います。ですから、個別の成功率に関しては、かかり付けのドクターとよく相談するようになさってください。
関連記事
TOP不妊不妊治療としての人工授精の成功率は……

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。