不妊治療としての人工授精のフローなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

不妊治療としての人工授精のフロー

人工授精は、不妊治療の重要な手段になっています。そこで、今回はそのフローについて明らかにします。

不妊治療の一つとしてポピュラリティを得ている人工授精。そのため、不妊治療で婦人科を訪れたら、すぐに受けられる、医師からもすぐに人工授精を勧められると思う人もいるようですが、そうではありません。

不妊治療は人工授精だけではありませんから、流れがあります。

不妊治療としてまずは、その原因を突き止める検査から始まります。一般的には、女性の検査から開始して、とくに問題がなさそうな場合には、夫である男性の検査を行います。

つまり、最初は飽くまでも自然妊娠を前提としたチェックなのです。自然妊娠が可能ならそれを進めた方が文字通り自然だからです。

しかし、タイミング法を一定期間続けても効果のでない人や、男女のどちらかに不妊の原因となる事象が見つかった場合には、その内容によっては人工授精や体外受精を行うことになります。

人工授精を行う場合は、まず事前検査を行います。そして、男性の精子が明らかに妊娠不可能でないことを確認する必要があります。

ひとたび人工授精を行うことが決まったら、女性は排卵誘発剤を用いて受精できる成熟卵子を複数排卵させます。

排卵誘発の方法は、不妊の原因や母体となる女性の健康状態などによって、医師が判断して決めることになるでしょう。

飲み薬の場合もありますし、注射の場合もあります。また、薬の量もケースバイケースで判断されます。男性は精子の採取を行う必要がありますから、院内の定められた場所で精子を自分で採取します。

採取された精子は、培養液で運動力などを高める処理を施した後、母体となる女性の子宮に直接注入されることになります。直接注入すると、精子は女性の膣内から子宮まで泳ぐ必要がなくなりますから、受精率が高くなるのです。
関連記事
TOP不妊不妊治療としての人工授精のフロー

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。