体外受精をするまでの流れなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

体外受精をするまでの流れ

体外受精と一口に言いますが、具体的にどのようなことをするのでしょうか。

簡単に「体外受精」といっても、実際に妊娠するためには行わなければならないことがたくさんあります。それでは、体外受精をするまでの流れを説明していきましょう。

体外受精には、以下のような段取りがあります。

・排卵誘発
自然の排卵では、通常一個しか卵子はありません。けれど、妊娠する確率を高めるために排卵誘発剤を使用して、複数個の卵子を採卵できる状態にします。

・採卵
指定された日時に病院での採卵を行い、状態の良い卵子を培養液の中で成熟させます。

・採精
採卵と平行して男性の精液を採取し、元気な精子を選び出します。

・受精
元気な精子と状態の良い卵子を専用の容器で混ぜ合わせ、自然に近い状態で受精させます。ただし、体外受精における受精率の割合は6~7割となっています。

・胚移植
受精した後に卵が順調に分割して良好胚した場合には、良質なものを選んで子宮内に移植します。この際、多胎妊娠を避けるために良質なものが複数個あったとしても、3個程度に抑えるのが一般的です。

・着床
受精卵が子宮内膜に順調に着床していれば、胚移植後、二週間経過した時点で妊娠が確認できます。もし、妊娠反応が陰性の場合でも、続けて採卵をすることはせず、1ヶ月程度の休息が必要となります。

体外受精のスケジュールは病院によっても様々ですので、上記は一般的な流れとして参考にしてみてください。

また、体外受精は女性の体に負担がかかるのはもちろん、時間的にも拘束されてしまうことが多いです。男性は不妊治療のスケジュールに沿って、女性をできるだけフォローするように心掛ける必要があるでしょう。

体外受精といっても、簡単なものではありません。

しかし、高齢出産もそうですが、妊娠しにくい、もしくはリスクがある方の貴重な選択肢です。前向きに考えてみる価値はあります。

体外受精について、あなたはどんなお考えがありますか。

また機会がありましたら記事にしたいと思います。
関連記事
TOP未分類体外受精をするまでの流れ

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。