体外受精が抱える安全性やリスクの問題など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

体外受精が抱える安全性やリスクの問題

体外受精で妊娠判定陽性が出ても、「体外受精は普通の妊娠じゃないから胎児は弱い」と注意されることがあるそうです。

体外受精を行う上で不安に思う項目に、費用の面は当然のことながら、その他にも、安全性やリスクの問題もあげられるのではないでしょうか。

これは、高齢出産の場合も同様かもしれませんが。

そこでこの記事では、体外受精の安全性やリスクについてお話していきます。

1978年、イギリスで世界初となる体外受精による妊娠が成功し、日本では1985年に初めて体外受精が成功しました。つまり、体外受精の歴史はまだ30年程度ですので、100%確実な安全性が確認されているわけではありません。

また、リスクについては、一番大きなものに、多胎妊娠があります。多胎妊娠をご存じですか。1人の赤ちゃんを妊娠することを単胎妊娠、一度に2人以上の赤ちゃんを妊娠することを多胎妊娠といいます。早い話、双子や三つ子のことを指します。

これは、妊娠の可能性を少しでも高めようと、受精した卵を数多く子宮に戻してしまうことが原因です。

いっぺんに複数の子どもが生まれればめでたさもかけ算で……、というわけにはいきません。

栄養も腹の大きさも決まっているのです。それは、単胎妊娠の方が理想的であるに決まっています。多胎妊娠では、帝王切開も避けられません。

でも、だからといって、この子宮に戻す受精卵の個数を減らしてしまうと、今度は妊娠の確率が低くなってしまいます。多胎妊娠のリスクについては、医師ともよく相談することが大切です。

それ以外にも、卵巣過剰刺激症候群や子宮外妊娠といった母体への負担が掛かってしまうリスクも考えられますし、体外受精は自然妊娠に比べて流産率が少し高くなっているともいわれています。

けれど、実際に体外受精を行っている方は、基本的には妊娠しづらい体だったり、高齢出産だったりと、何らかの問題を抱えていることが多いものです。

そのため、統計的にこのような結果が出てしまっている可能性もあるでしょう。体外受精を検討するのであれば、妊娠できる確率だけでなく、その安全性やリスクについても医師の説明をよく聞いた上で、夫婦で慎重に話し合って決断する必要がありますね。

こうしてみると、体外受精も奥が深いということがわかります。
関連記事
TOP不妊体外受精が抱える安全性やリスクの問題

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。