体外受精でかかる費用など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

体外受精でかかる費用

体外受精でも妊娠すればもちろん嬉しいものです。
不妊の方なら、試したいと考えるでしょう。
高齢出産の方なら、とくにそうかもしれません。
ただし、ネックとなってくるのは費用の問題です。
今回は、このことについて一言。
赤ちゃんがほしくても、経済的な理由で体外受精をすることができない夫婦がいらっしゃることをあなたはご存知でしたか。

よく、「体外受精は費用が掛かる」と耳にすると思いますが、それでは具体的にはどれくらいの費用が掛かるものなのでしょうか。

体外受精は、高度生殖医療に含まれていて、自由診療であるために健康保険の適用がなく、費用は全額自己負担となっています。

また、自由診療であるということは料金に決まりはなく、大学病院や不妊専門のクリニックなど、その病院によって料金を自由に設定することができることになっているのです。

つまり、どこの病院・クリニックで体外受精をするかによって掛かる費用が違ってきます。

一般的には、体外受精に掛かる平均的な費用は、一回につき30万~50万といわれていますが、30万円と50万円ではかなりの違いですよね。

しかも、これだけの費用を支払ったとしても、必ず妊娠するという保証はどこにもありません。もし、一回で妊娠できなかった場合には、次の体外受精を受けるために、また30万~50万もの費用が必要となってくるのです。

このようなことから、経済的に体外受精に踏み切れない夫婦の方がいらっしゃるのも当然だといえるでしょう。

体外受精を行うかどうかは夫婦で決めることですが、女性の体への負担も大きいですし、費用面でもかなりの負担が掛かります。

体外受精を考えるのであれば、事前に必ず資金計画を立ててから踏み切ることが大切です。また、国ではこの経済的負担を少しでも軽減させようと、不妊治療助成金制度を設けています。利用するには色々な条件がありますが、条件が合うようならぜひ利用した方がいいでしょう。

高齢出産の方については、とくに切実でしょうが、費用の問題はもっと切実です。
関連記事
TOP不妊体外受精でかかる費用

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。