妊娠高血圧症候群のことを考えてみましたなど、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

妊娠高血圧症候群のことを考えてみました

妊娠高血圧症候群のマウスにスタチンを投与して、病状を改善させたといいます。試験に成功した大阪大の伊川正人准教授は、「安全な新薬開発につながる可能性がある」としています。
妊娠高血圧症候群を治療=マウスで実験、スタチン投与―大阪大

時事通信 12月28日(火)5時45分配信
 妊娠高血圧症候群のマウスにスタチンを投与し病状を改善させることに、大阪大の伊川正人准教授らの研究チームが成功した。妊婦へのスタチン投与は危険性が指摘されており、そのままは使えないが、同准教授は「安全な新薬開発につながる可能性がある」としている。
 成果は28日、米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。
 伊川准教授によると、妊娠高血圧症候群は妊婦の7~10%に発症し、胎盤形成の異常につながる。重症化すると胎児の成長が妨げられ、肝機能障害などを併発する。
 実験では、胚を取り出し胎盤の血管作製を阻害する遺伝子を導入して、再び体内に戻す方法で作った妊娠高血圧症候群のマウスを使用。正常なマウスと比較したところ、血圧は上下とも20ずつ上がり、妊娠20日目に出産した子供の体重は通常より15%軽くなった。
 次に妊娠7日目と10日目の高血圧症候群マウスにそれぞれ1日5マイクログラムのスタチンを投与。出産まで投与し続けると、血圧は正常値に回復し、生まれた子供の体重も正常なマウスと同じだったという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101228-00000010-jij-soci


妊娠高血圧症候群なんですが
いろいろありますよ。
動画の方をお楽しみ下さい

赤ちゃんの貧血のしくみ

妊娠後期に鉄分が移行しないまま産まれて来た早期産児、正期産でも胎盤機能が十分に機能しない妊娠高血圧症候群や糖尿病、貧血のお母さんから産まれてきた赤ちゃん、週数の割りに体重の少ない低出生体重児だった場合は、生後半年以内でも

>> More

いれておけ

ッ 大丈夫なことを確認したいから・・・と採血させられたが ここにきて体重も増えてきてるし(トータル+4キロ) 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)とか??? 不安

>> More

ゆーひさんのブログでご紹介いただきました。

不妊治療の末、重症妊娠高血圧症候群のため帝王切開でご出産されました。 次回受診時の腎機能のデータによっては、おっぱいが続けられるかどうかの、ギリギリの状態だそうです。 何とか、データ的に落ち着いていればおっぱいを続けられるとのことですから

>> More

ウエルカムベビー2・・・

オットー「このままだと妊娠高血圧症候群になられてしまいそうで。やせてからでないと二人目とか言ってられないと思う。」 私「直球ストレートにくるねえ。みぞおちにキイたよ。ぐぐぐう」 オットー「みぞおちっていうか。

>> More

葉酸はいつまで?

なぜなら、 早産、胎児発育不全、常位胎盤早期剥離、 妊娠高血圧症候群などのリスクを減少させる可能性がある からなのだそう。 そんな効果もある(可能性がある)とは知りませんでした! というわけで、慌てて買いに行ってきました。

>> More

妊娠30週 口から胃が出そう

妊娠高血圧症候群 (妊娠中毒症)に気をつけなければいけませんね。 続きがあります アジャスター お腹は張りやすいみたいですが、赤ちゃんも大きくなり 上に(胃に)向かって子宮もどんどん大きくなっているので 前に突き出るというより上に

>> More

関連記事
TOP不妊妊娠高血圧症候群のことを考えてみました

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。