高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/30のツイートまとめ

decorampan

「ハイリスク出産」と子宮がんの関係は?http://bit.ly/db6ewI
07-30 00:53

妊婦のタミフル使用http://bit.ly/aLubK0
07-30 00:49

スポンサーサイト

07/30のツイートまとめ

decorampan

「ハイリスク出産」と子宮がんの関係は?http://bit.ly/db6ewI
07-30 00:53

妊婦のタミフル使用http://bit.ly/aLubK0
07-30 00:49

07/29のツイートまとめ

decorampan

妊娠中の便秘は流産リスクがある?http://bit.ly/9J68BG
07-29 15:31

07/29のツイートまとめ

decorampan

妊娠中の便秘は流産リスクがある?http://bit.ly/9J68BG
07-29 15:31

産みにくい世の中ですが……

こんなニュースがありました
子ども手当で「もう一人」 母親半数は「NO」
2010年7月29日

 母親の半数は子ども手当でもう一人生み育てようとは思わない-。ベビー用品専門店「赤ちゃん本舗」(大阪市中央区)の子育てをめぐる調査でこんな結果がでた。日本が子どもを生み育てやすい国だと思わないのは約6割に上り、子育て環境の厳しさが浮き彫りになった形だ。

 アンケートは、6、7月にメールやホームページなどを通して母親に実施。2万人強から回答を得た。

 子ども手当制度には約7割が賛成し、約半数が貯蓄に回すと回答。「もらえるのはうれしい」などの賛成の声と、「将来の子どもたちの負担になったり、増税という形で自分たちに返ってきたりする」などと懸念を示す声があった。

 「同制度で子どもをもう一人生み育てたいと思うか」との質問に「思わない」(50%)と「どちらとも言えない」(32%)で8割を占め、「思う」のは17%だった。

 日本は子どもを生み育てやすい国と考えない人の理由は「出産育児支援が少なく女性の負担が大きい」「施設が不足している」など。

 子ども手当以外に国に求める制度は、上位から、保育施設の増設と保育費の値下げ▽子どもの医療費と任意ワクチンの無料化▽妊婦検診や出産費用、不妊治療の助成▽学費無料化-などと続いた。

 同社は「少子化対策の子ども手当だが、子育て環境の充実を願うのが母親の本当の気持ち」と指摘している。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/100729/20100729031.html
今は、それだけ生みにくい社会だということがいえます。

高齢出産というと、ともすれば、「もっとはやく産めば良かったのに」「いつでも産めると思っていたんじゃないの」といった陰口がやっかみ半分であります。

でもたいていは、わざと高齢で産もうと思ったのではなく、不妊を含めていろいろな事情や経緯があり、しかも経済的な問題も大なり小なりあって、結果として高齢出産になったと思います。

それがなかなか理解されないですね。

たとえば、「論壇のマドンナ」なる形容をされているさかもと未明さんの、倖田来未さんが言った「羊水腐る」発言を擁護するコメントを引用しましょう。

「彼女は無知で、言葉の使い方も間違っていたと思うけど、言ってることには一理あると思う。私は肉体的にも社会環境的にも若いうちに産めるならその方がいいと思っているし、“いつでも産めるんだ”という報道は逆に無責任。それに今は何かが起きるとヒステリックになる傾向がありますよね。常に対立意見はあっていいはずなのに。一斉に同じ方向に動いてしまうのは危険だと思う」(「日刊ゲンダイ」2008年2月19日付)

これなどは、高齢出産自体が無責任という、ひどい言い方です。

女性のくせに、産みたくても様々な事情や経緯で産めないという現状をきちんと伝えられない人が、マスコミで評論活動をすることの方が、よほど無責任だと思いますが、いかがでしょうか。

私も前置胎盤高齢出産を経験したことは大変な試練でしたが、逆に経験したことで、そうした立場や心境を理解できるようになりました。

そんな思いを、これからもこのブログでお伝えできればと思います。
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。