高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨盤トラブルの救世主?トコちゃんベルト

トコちゃんベルト」をご存じですか?

初めてこの名称を聞いたときは「なんだそれ?」と思った私ですが、これかなり有名なベルトなんですね。

何に使うかというと、一言で言えば骨盤ケア。
「トコちゃんドットコム」によれば、「妊娠などに伴う骨盤の『ゆるみ』を抑えたり『ゆるみ』の回復を促進させるための骨盤固定ベルト」だそうです。

なんでも、腰や背中、おしり、足の付け根や太もものだるさや痛み、尿もれ、痔、便秘、大尻や下腹ポッコリ、O脚、下半身デブなどは、骨盤のゆるみやゆがみが原因の可能性があるのだそうです。

妊娠中に初期から骨盤ケアに取り組むと、子宮が正常な位置に上がり、子宮の形も丸い茄子型になりやすく、胎児も正常な姿勢で成長しやすく、切迫早産も起きにくく、逆子になっても治りやすいのだとか。

初めてのお子さんが逆子になるかどうかは、自然分娩できるか、帝王切開になるかの分かれ目ともなりうるわけですから、このベルトで治せるものなら治したいところですね。

私がこのベルトの存在を知ったのは長男の出産後で、恥骨のあたりに違和感を感じるようになったので、ゆるんでいるのかも……と思い、購入しました。
でも締め方が難しくて、自分のやり方でいいのか悪いのかわからないまま、1ヶ月ほど使ってなんとなくやめてしまいました。

次男の妊娠時にはよくお腹が張ったので、引き出しの奥から引っ張り出してみましたが、妊婦の場合は骨盤高位の姿勢で締めなければならないそうです。
これがよくわからず、締め方を間違えてかえってお腹の子に負担となっては取り返しがつかない……と思い、トコちゃんベルトを扱っている助産師さんにアドバイスをお願いしようと問い合わせたところ、ベルトの締め方のアドバイスだけで5000円かかると言われ、ちょっと悩みましたが結局やめてしまいました。

産後は長男のときのような症状はなかったので、その後もトコちゃんベルトの出番はなく、しまい込んだままです。

でも本当に必要な人が正しく使えば、劇的な効果が得られるベルトなのかもしれません。

トコちゃんベルトには、骨盤を後ろから前に締める「トコちゃんベルトI」と、骨盤を前から後ろに締める「トコちゃんベルトII」があります。
トコちゃんベルトIは恥骨結合のゆるみやそれに伴う恥骨痛に、トコちゃんベルトIIは仙骨のゆがみやそれにともなう腰痛に効果的とされています。

気になる人は試してみてはいかがですか?

トコちゃんベルト、楽天では以下のショップで扱っています。

あんしんBOX ※8000円以上の注文で送料無料

トコちゃんベルト1
価格 4,980円 (税込5,229円) 送料別


トコちゃんベルト2
価格 5,980円 (税込6,279円) 送料別


ぷれままサロン佐伯 ※8000円以上の注文で送料無料

トコちゃんベルト1
価格 5,250円 (税込) 送料別


トコちゃんベルト2
価格 6,300円 (税込) 送料別



ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト

中絶経験が不妊症につながるか?

子供を望みながら妊娠できないと、どうしてかと悩むようになり、過去の経験に原因を求めることはあります。

とくに、結婚前に別の男性との間に子を身ごもり、中絶経験のある方は、不妊自体を悩むだけでなく、それが原因不妊になったことをどうやって現在の夫に話そうか、という性格の異なる悩みが重なるようです。

私が以前、働いていた職場で、実際にそうした悩みを持っている女性がいました。

一般的に、中絶原因不妊になることはほとんどないといわれています。不妊は卵の出方や育ち方、もしくはパートナーの精子などの問題なので、中絶が因果関係になることは考えにくいのです。

もし、医学的に明らかにしたい場合には、いろいろな検査をしなければならないので、「考えにくい」ことのためにお金と手間をかけるのは得策ではないともいわれています。

ただ、着床したものをかきだすわけですから、そこに傷が付きます。それが前置胎盤原因のひとつともいわれています。


ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


夫とシた後は、暫く横になっている方が妊娠しやすい!?

女性雑誌的な、いささかエロモードのタイトルですみません。
でも、今回のテーマはどうせ生々しい話なので、あえてリアルでわかりやすくそのまま書きます。

私が以前、クアトロ検査や羊水検査などで相談させていただいた産婦人科Web掲示板で、妊娠について実用的なやりとりを見つけたのでご紹介します。

質問は、「着床しやすくするためには、夫が発射した後、妻はすぐに立ちあがらないで30分ぐらい横になったままでいたほうがいいということを聞いたことがあるが、それは医学的な根拠があるか」というものです。

精子は、自力でグングン進んで、生き残ったものが着床→妊娠に繋がっていくわけですから、横になろうが縦になろうが、できるときはできるし、できないときはできないと思っていました。

ところが、これはあながち迷信ではないようなのです。

回答は、「私(医師)個人としては15分は立たない方が良い」というもの。その理由は、「性交後15分後には卵管采に精子がきている、あるいは、15分後にダグラス窩(子宮の裏側の腹膜のくぼみ)には精子がいるという報告があるから」だそうです。

「横になった方が着床しやすい」というのは医学的に定説となっているわけではありません。しかし、それらの報告があるように、根拠がなさそうということではなく、「研究費をかけて調査しても得るところが少ないので、忙しい研究者はだれも研究しないから」定説になっていないだけのことだとか。

つまり、誰かが本格的に研究をすれば、それが定説として日の目を見る……かもしれないわけです。

でも、その試験て、もし本当にするとなると、どうするんでしょうね。

20~40代の妊娠可能な女性をサンプリングして、横になった50組、ならなかった50組とかで有意に差が出るかどうか調べることになるのかな。

誰でもリスクなしで試せることなので、妊娠を希望される方は、ちょっと心に留めておかれるといいと思います。


ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓

不妊治療における精液の採取方法

以前ご紹介したソネットの有料制医療相談「AskDoctors」で、意表をつく質問がありました。不妊治療における精液の採取方法についてです。

曰く、病院で不妊治療のため夫の精液を採取するように言われたが、SEXで射精した精液を採取するのか、または、一人Hでの精液を採取するのか、どちらの精液が正確に検査できるのか、というものです。

何が意表をついたかといいますと、そういう場合、「一人Hでの精液を採取する」のは当然だと思っていたので、まさか「SEXで射精した精液を採取する」などという提案があろうとは考えつかなかったからです。

でも、どんなことでもそうですが、当事者としては、そうでない人には思いもよらない「素朴な質問」があるのかもしれません。

その意味で、制限を設けずに、率直に相談できるQ&Aの場というのは必要だと思います。

それで、冒頭の質問ですが、たしかに「一人H」で採取するよりは、実際のSEXで射精した方が簡単ですし自然です。

「一人H」による採取というのは、“射精のための射精”ですから、どこか空しく、夫の理解と協力を得るのが難しいという話も聞いたことがあります。

実際のSEXでの射精は、ある意味、夫婦の合作ですから、それを使いたいという気持ちもわかります。

でも、それらの根底には結局、不妊治療を軽く楽に済ませたい、という手っ取り早く効果を得たい本音があるのではないでしょうか。

だから、わざわざ“空しい”やり方による射精ではなく、“簡単で楽しい”SEXの射精に発想が向くのでしょう。

もちろん、軽く簡単に済ませられるものなら、それに超したことはないと思います。

でも、ちょっと原点を思い出して下さい。

本来のやり方ではむずかしいから不妊「治療」をするのです。生やさしいものではない、並大抵の努力では達成できない、という覚悟のようなものも必要ではないのでしょうか。

私は不妊治療をしていないので、体験から偉そうなことは書けませんが、その心構えがなければ、「本来難しかったものを可能にする」ことはできないのではないでしょうか。

「生やさしいものではない、並大抵の努力では達成できない」という覚悟のもとでなら、「一人H」による採取というのは、それほど難しいことではないように思いますが、いかがでしょうか。

ご紹介するまでもないと思いますが、冒頭の質問に対する同サイトの回答は、もちろん「必ず一人H」です。「正確に精子数・奇形率・運動率などを判断するためには必要なこと」と念を押されています。


ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓

「不妊症」はいかなる基準によるか?

子作りに励んでも妊娠しない。そこで不妊症外来を受診すると、どのような基準で不妊症かどうかを診断されるのでしょうか。

一般には、避妊せず2年間、妊娠しなければ「不妊症」の診断名をつけるそうですが、中には月経周期3回で妊娠が成立しなければ、その可能性を考える医師もいるそうです。

でも、これらの基準ですと、私などは思いっきり「不妊症」ということになってしまいます。

一人目が出来るまでは、意識的に作ろうという気持ちがない期間もあり、避妊をしていないのに妊娠まで7年ぐらいかかっています。7年となれば、通算の交渉回数もかなりのものに……オホン。

二人目は42歳でのチャレンジで、子作りも意図的でしたが、5回目のチャレンジで妊娠しました。

私の体が妊娠しにくいかしやすいかは、これだけではわかりません。

避妊していなくても、時期を外せば何度交渉があってもできないでしょうし、自然妊娠の限界とも言われる42歳でも、不妊治療のお世話にならずに妊娠できたということは、子どもができにくいとはいえないようにも思います。

結果から遡った言い方ですが、もし私が「7年」や「5回目」という回数や時間を「異常だ」と思いこみ、あせって不妊治療に駆け込んでいたら、しなくてもいい苦労をしたことになります。

結局、不妊症かどうかというのは、シロウトが回数や時間だけでは結論は出せないということです。

ですから、まずは、自分で出来る努力をすることが先決です。

自分の体温を記録して高温期をきちんと把握し、夫にもその日に合わせてもらえるようコンディションの調整を要請すること。排卵検査薬などのツールも有効に使うこと。
排卵日検査薬(10日分)

体重の増減が、1ヶ月4kg以上変化すると排卵障害をおこすケースもあるので、体温だけでなく日々の体重も記録するとともに急激な生活の変化も避けること。

それで、もし高温期自体が短ければ、黄体機能不全症かどうかを診断してもらうことも必要ですし、そうでなければ、あまり回数で決めつけずにチャレンジされるとよいのではないかと思います。

>>妊娠可能度無料診断プレゼントはこちらをクリック!
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。