高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排卵日検査薬の値段を比較してみた

「排卵日検査薬を使ってみたら」でとりあげた排卵日検査薬ですが、私はBE SHOPの商品しか知らなかったのでいつもそれを購入していましたが、調べてみたらいろいろな商品があるんですね。

そこで、何が一番安いのか、価格を比較してみました。

排卵日検査薬(10日分)
排卵日検査薬(10日分)2割増しキャンペーン中!
10日分で3200円。現在キャンペーン中で1950円。
1回分は320円(195円)。

P-チェックLH 7日分

7日分で3,675円です。楽天最安値は2,079円。
1回分は525円(297円)。

チェックワン LH2【5日分】

5日分で2,800円。楽天最安値は1,930円です。
1回分は560円(386円)。

ドゥーテストLH7日分

7日分で2,835円。楽天最安値も同じでした。
1回分は405円。

チェックワンLHデジタル5回用

5回分で3,500円。楽天最安値は3,300円。
1回分は700円(660円)。

上記5製品を比較すると
BE SHOPの排卵日検査薬が一番安く、その次はドゥーテストでした。
ただしショップによっても値段が違うので、いろいろと探してみるとよいでしょう。

なお、薬事法改正に伴い、2009年6月1日からインターネットでの医薬品の販売は第3類医薬品のみ可能となりました。
このため、排卵日検査薬が買えないショップもあります。
本当はこういう商品こそネットで買いたいんですけどね。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術

自宅で出来る!奇跡の自然妊娠法

妊娠率54%!某有名産婦人科の院長が数年掛けて開発した医学的に根拠のある奇跡の妊娠術を独占公開!これであなたも不妊完全解消!

不妊で5年悩んだ私が、わずか2ヶ月で妊娠することができた!!【病院に行かなくても赤ちゃんができた魔法の妊娠術】

たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠~さよなら不妊!ブライダル・ベビーを望むあなたも必見!子宝の知恵シリーズで不妊症から立ち直る妊娠法を公開!
スポンサーサイト

入院準備品、必要だったもの、不要だったもの

出産の際の入院準備品は病院から指示があります。
ちなみに私の場合は次のようなものでした。

診察券
母子健康手帳
保険証
予納金
ガウン
生理用ショーツ
授乳用ブラジャー
タオル(大1枚、小5~6枚)
お箸
湯飲み茶碗
洗面用具
シャンプー、リンス
スリッパ
ティッシュペーパー
筆記用具
母乳パット
時計
イヤホン

これらは自然分娩の人も帝王切開の人もみな同じなのですが、これ以外にも私は次のようなものがあると便利でした。

●ウェットティッシュ
ちょっと手が汚れたときや、テーブルに何かこぼしたときなど、いちいち洗面所まで歩いて行くのが大変なのでこれで拭いて済ませました。入院時に1箱、退院までに2箱目を買い足したくらいです。いずれも病院の売店で買ったので、ドラッグストアよりも割高だったと思います。家に帰ってからもいろいろに使えるので、多めに買っておいても良かったかなと思いました。

●ワンタッチストロー
帝王切開の人には必需品ですね。ペットボトルにつけると寝ながらでも飲み物が飲めるストローです。起きあがれるようになれば不要になりますが、それまでの半日~1日、やっぱりあってよかった~と実感しました。

●ビニール袋
汚れ物を入れます。同じ部屋の人の貴重な睡眠を邪魔しないよう、スーパーの袋みたいにカシャカシャと音がしないものがいいです。
私は病院の洗濯機で洗濯もしたので、洗ったものをいれる袋も持って行きました。

●ミニトート
病室から移動するときに使います。洗面道具を入れたり、授乳室に行くときにタオルを入れたり、駅の売店にいくときにお財布を入れたり……。
パジャマにポケットがない場合は、トイレのときにお産パットを持って行くときもあると便利だと思います。でもトイレに持って行ったものを授乳室に持ち込みたくはないので、トイレ用、洗面道具用、病院内移動用など何種類かあるといいかもしれません。使い捨て用と割り切って私は100円ショップで買いました。

●中くらいトート
シャワー室への移動の際にタオルや着替えを入れるのに使います。手に持っていってもいいのですが、私の場合はシャワー室が別の階にあったので、お見舞いの人たちも乗るエレベーターで移動しなければならず、手持ちのスーパーの袋に入れて持って行きました。あまり見た目がよくないのと、中味が透けて見えるので、簡単なものでいいからトートバッグがあるとよかったなあと思いました。

●術後の腹帯
入院案内には「腹帯」としか書いていなくて、どう使うのか、どういうものがいいのか全然わからなかったので、言われるまま病院の売店で買いました。見てみたら、妊娠時のときに使う腹帯ではなく、マジックテープでぎゅっと止められる術後用の腹帯でした。

↓こういうのです

白十字 ワンタッチ腹帯
白十字


1つあれば大丈夫と言われましたが、実際には出血で汚れてしまったので、歩けるようになってすぐに2枚目を買い足しました。出産してすぐは洗濯もできないので、最低でも2枚あったほうがよいと思います。
それと、産後はきちんと腹帯で締めておいたほうが子宮の戻りがよいと言われましたが、買い足した2枚目はお腹が小さくなりつつあるときだったので1枚目と同じサイズでは緩くて退院してからは全然使いませんでした。2枚買うときは大きめと小さめの2サイズで揃えた方がいいかもしれません。

逆に使わなかったのは次のものです。

●ガウン
入院準備品の中にありますが、病院内は暑いので3月出産の長男、11月出産の次男とも不要でした。でもお見舞いの人とロビーで会うときなどはカーディガンがあると便利だと思います。

●母乳パット
入院中はほとんど母乳は出なかったので不要でした。出ないたちではないので、自然分娩の人よりも帝王切開は授乳開始が遅いせいかなと思います。

こうした準備品は病院によっても違いがあると思います。同じ病院で出産した人がいたら、あらかじめ入院時の過ごし方を聞いておくとよいかもしれません。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


入院準備品、必要だったもの、不要だったもの



出産の際の入院準備品は病院から指示があります。
ちなみに私の場合は次のようなものでした。

診察券
母子健康手帳
保険証
予納金
ガウン
生理用ショーツ
授乳用ブラジャー
タオル(大1枚、小5~6枚)
お箸
湯飲み茶碗
洗面用具
シャンプー、リンス
スリッパ
ティッシュペーパー
筆記用具
母乳パット
時計
イヤホン

これらは自然分娩の人も帝王切開の人もみな同じなのですが、これ以外にも私は次のようなものがあると便利でした。

●ウェットティッシュ
ちょっと手が汚れたときや、テーブルに何かこぼしたときなど、いちいち洗面所まで歩いて行くのが大変なのでこれで拭いて済ませました。入院時に1箱、退院までに2箱目を買い足したくらいです。いずれも病院の売店で買ったので、ドラッグストアよりも割高だったと思います。家に帰ってからもいろいろに使えるので、多めに買っておいても良かったかなと思いました。

●ワンタッチストロー
帝王切開の人には必需品ですね。ペットボトルにつけると寝ながらでも飲み物が飲めるストローです。起きあがれるようになれば不要になりますが、それまでの半日~1日、やっぱりあってよかった~と実感しました。

●ビニール袋
汚れ物を入れます。同じ部屋の人の貴重な睡眠を邪魔しないよう、スーパーの袋みたいにカシャカシャと音がしないものがいいです。
私は病院の洗濯機で洗濯もしたので、洗ったものをいれる袋も持って行きました。

●ミニトート
病室から移動するときに使います。洗面道具を入れたり、授乳室に行くときにタオルを入れたり、駅の売店にいくときにお財布を入れたり……。
パジャマにポケットがない場合は、トイレのときにお産パットを持って行くときもあると便利だと思います。でもトイレに持って行ったものを授乳室に持ち込みたくはないので、トイレ用、洗面道具用、病院内移動用など何種類かあるといいかもしれません。使い捨て用と割り切って私は100円ショップで買いました。

●中くらいトート
シャワー室への移動の際にタオルや着替えを入れるのに使います。手に持っていってもいいのですが、私の場合はシャワー室が別の階にあったので、お見舞いの人たちも乗るエレベーターで移動しなければならず、手持ちのスーパーの袋に入れて持って行きました。あまり見た目がよくないのと、中味が透けて見えるので、簡単なものでいいからトートバッグがあるとよかったなあと思いました。

●術後の腹帯
入院案内には「腹帯」としか書いていなくて、どう使うのか、どういうものがいいのか全然わからなかったので、言われるまま病院の売店で買いました。見てみたら、妊娠時のときに使う腹帯ではなく、マジックテープでぎゅっと止められる術後用の腹帯でした。

↓こういうのです

白十字 ワンタッチ腹帯
白十字


1つあれば大丈夫と言われましたが、実際には出血で汚れてしまったので、歩けるようになってすぐに2枚目を買い足しました。出産してすぐは洗濯もできないので、最低でも2枚あったほうがよいと思います。
それと、産後はきちんと腹帯で締めておいたほうが子宮の戻りがよいと言われましたが、買い足した2枚目はお腹が小さくなりつつあるときだったので1枚目と同じサイズでは緩くて退院してからは全然使いませんでした。2枚買うときは大きめと小さめの2サイズで揃えた方がいいかもしれません。

逆に使わなかったのは次のものです。

●ガウン
入院準備品の中にありますが、病院内は暑いので3月出産の長男、11月出産の次男とも不要でした。でもお見舞いの人とロビーで会うときなどはカーディガンがあると便利だと思います。

●母乳パット
入院中はほとんど母乳は出なかったので不要でした。出ないたちではないので、自然分娩の人よりも帝王切開は授乳開始が遅いせいかなと思います。

こうした準備品は病院によっても違いがあると思います。同じ病院で出産した人がいたら、あらかじめ入院時の過ごし方を聞いておくとよいかもしれません。


【子供向け書籍】うしろにいるのだあれ(幻冬舎)


『うしろにいるのだあれ』
accototo (著)
幻冬舎


最初に登場するのは犬の「ぼく」。見開き中央に描かれた「ぼく」の後ろに少しだけ顔をのぞかせているのは誰? ページをめくると後ろにいたカメが中央に描かれ、その後ろにはまた誰かの足が……
後ろや前、上や下にいる動物たちが次々と現れ、最後はまた「ぼく」に戻ります。種明かしは全体を俯瞰した絵で確認。それぞれの動物の大きさの対比がリアルなのも好感が持てました。

「上にいるのだれかな?」「下にはだれがいるの?」と問いかけながら読めるので、動物の名前が言えるようになってきた頃にぴったりの絵本だと思います。

[キーワード]
子ども向け児童書,お勧め,うしろにいるのだあれ



ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓

妊娠中のタミフル服用は問題なし?

「NHKニュース」(6月24日6時9分)では、妊娠中の女性がタミフルを服用した場合、胎児に先天的な異常が起きる可能性は高くないとする研究結果がまとめられたと報じています。
この研究は、国立成育医療センターとカナダの研究グループが、タミフルを服用した妊娠中の女性90人を追跡調査し、出産時の胎児の異常や流産の起きる割合を調べたものです。その結果、生まれた赤ちゃんの1人に心臓の異常が見つかったものの、この異常が通常起きる割合と比べて差はありませんでした。また、流産や早産の起きる割合についても差はありませんでした。研究グループでは妊婦胎児への詳しい安全性を調べるには、300人程度のデータが必要で、今回のデータだけでは不十分なものの、先天的な異常が起きる危険性が高くないことは確認できたとしています。新型インフルエンザに感染した妊婦に対しては、アメリカのCDC=疾病対策センターなどがタミフルの投与を勧めていますが、安全性についての詳しいデータはこれまでほとんどありませんでした。国立成育医療センターの村島温子医長は「妊娠中の薬物使用は慎重にする必要があるが、必要な場面でタミフルを投与する際の判断材料になると考えている」と話しています。

まだデータは90人だけということですから、問題なしと言い切ることはできないでしょうが、これでホッとした妊婦さんも多いと思います。

でも私自身はタミフルの安全性に疑問を持っています。
タミフルとの因果関係が否定できない死亡例や異常行動の報告があるにもかかわらず、いまだにタミフルが支持されていることを素朴に不思議に思います。

幸い、我が家では数年前に夫が罹ったきりインフルエンザとは無縁ですが、もし罹ったとしてもタミフルのお世話にはなりたくないものだと考えています。
副作用のない薬はないと言われますが、リスクとベネフィットを天秤にかけてこその薬の服用であって、健康で体力のある人なら寝ていれば治るインフルエンザに、わざわざリスクの高そうなタミフルを飲む気にはならないというのがその理由です。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓

Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。