高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マタニティウェア選び

マタニティウェア、みなさんはどんなものを揃えましたか?

私の場合、長男のときは切迫流産やら前置胎盤やらで自宅安静が続いたので、ほとんどパジャマみたいな部屋着で十分でしたが、次男のときは長男の幼稚園の送り迎えもあり、そうそうみっともない格好もできないため、ある程度は買い揃えなければなりませんでした。

でもたぶんこれが最後の出産だし、ほんの一時期しか着ないものにお金をかけるのは勿体ない。
そこで、計画的に無駄なくマタニティウェアを揃えようと思っていたのです。
それにフリフリのマタニティルックを楽しむ年齢でもないし……
できれば普通服を着回して
「あら!妊婦さんだったの?」と思われるような妊婦らしからぬ妊婦でいたいと思っていました。

でも、頭で考えるのと実際とは違うものですね。
かなり計算違いがありました。
どう違ったかというと……

妊娠発覚時、問題になるのはお腹周りだけなのだから、揃えるのはボトムスだけにしようと考えました。
そこで前リブつきのパンツを購入。

これに手持ちのチュニックやゆったりめのカットソー、カーディガンを合わせれば、臨月までイケる!と思ったのです。

ところが、この前リブパンツ、実際に買ってはいてみると、それほど快適なものではなかったのです。
立っているときにちょうどよい感じになるように脇のゴムを調整すると、座ったときに後ろ部分に布地がひっぱられ、リブがお腹を圧迫するのですね。
悪阻の時期はこれが耐えられなかったし、お腹が大きくなってくると窮屈だし。
かといって、座ったときに楽な状態でゴムをゆるめてしまうと、歩いているときなどずれてきてお尻がダボダボな感じになっちゃうので困りました。
サイドリブのパンツならよかったのかもしれませんが……。

そこでパンツルックはあきらめ、ストレートラインのワンピースを着るようにしたところ、思っていたよりもお腹の出てくるのが早く、あっという間にAラインのワンピースとなりました。
妊婦に見えない妊婦どころか、4ヶ月で立派な妊婦スタイルになってしまいました。

ワンピースは楽でよかったのですが、汗をかくたびに洗濯するので洗いかえが何着も必要になってきました。それに天候によって長袖、半袖、ノースリーブと揃えるのも不経済なので、結局は昔ながらの妊婦スタイル、ジャンパースカートに手持ちのカットソーやブラウスというスタイルに落ち着きました。

暑い日は半袖で、寒い日は長袖と下はスパッツを履いて、と重ね着ができます。
それにブラウスなどはお腹が大きくなってくると下のボタンがはめられなくなりますが、ジャンパースカートだとうまい具合に隠せるので、新しく買わずに済みました。

それからスカート派の妊婦さんにおすすめなのがくしゅくしゅレギンス
今は夏でも場所によっては冷房がガンガン効いていて寒いくらいなので、そういうときにくしゅくしゅ部分を伸ばして足首を覆うと冷えを感じずに済みました。

ちょっと丈が短めのスカートの場合はデニムレギンスも役立ちました。普通のレギンスより脚の部分の露出が多くてもあまり気にならなかったので。

ということで、ヘビロテアイテムはジャンパースカートレギンス
ただ……ジャンパースカートってすごくお腹が目立ちます。
私の場合、お腹が大きかったこともあるのですが、妊娠5ヶ月で「いつ予定日ですか?」と聞かれたり、電車で席を譲ってもらえたりしました。

もっとも、お腹は目立ったほうが周りにわかってもらえるので、人混みなどでも危険が少なくていいみたいです。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術

自宅で出来る!奇跡の自然妊娠法

妊娠率54%!某有名産婦人科の院長が数年掛けて開発した医学的に根拠のある奇跡の妊娠術を独占公開!これであなたも不妊完全解消!

不妊で5年悩んだ私が、わずか2ヶ月で妊娠することができた!!【病院に行かなくても赤ちゃんができた魔法の妊娠術】

たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠~さよなら不妊!ブライダル・ベビーを望むあなたも必見!子宝の知恵シリーズで不妊症から立ち直る妊娠法を公開!


スポンサーサイト

高齢出産に対する嫉妬(前)

芸能人でも40代の高齢出産のニュースがしばしば報じられています。

その一方で、高齢出産を快く思わないように解釈できる声もあります。

昨年、ネットの「祭り」「炎上」の規模ではかつてないものになった、歌手・倖田来未さんの「35歳を過ぎると羊水が腐る」発言。

高齢出産に偏見を持たせるきわめて不穏当な発言でした。

これについて、出産経験のない一部の著名な女性は、彼女を擁護していると受け取れる意見を表明しました。

彼女たちは、自分と同じ「高齢」女性の出産慶事がそんなに悔しいのかな、と勘ぐりたくなりました。

たとえば、「論壇のマドンナ」なる形容をされている、さかもと未明さんのコメントを引用しましょう。

「彼女は無知で、言葉の使い方も間違っていたと思うけど、言ってることには一理あると思う。私は肉体的にも社会環境的にも若いうちに産めるならその方がいいと思っているし、“いつでも産めるんだ”という報道は逆に無責任。それに今は何かが起きるとヒステリックになる傾向がありますよね。常に対立意見はあっていいはずなのに。一斉に同じ方向に動いてしまうのは危険だと思う」(「日刊ゲンダイ」2008年2月19日付)

私は、この発言に我が目を疑いました。

高齢出産は「結果」であり、女性たちははじめから「いつでも産めるんだ」といって高齢出産をしているわけではありません。マスコミもそんな報じ方はしていないでしょう。結果としての「高齢」を気にせず、「出産」の慶事を祝うという報じ方になっているはずです。

女性が子どもを産むか生まないか、また、産むとしたらいつ産むかは、物を買うように簡単に決められることではなく、人生の成り行きや事情によるものです。

誰も好きこのんで、リスクのより高い出産を選択しているわけではないでしょう。

さかもとさんは、彼女の発言に、高齢出産に警告をしている意義を認めています。

しかし、高齢出産のリスクだけを「警告」することが有意義な発言といえるのでしょうか。

現代は誰でも若い時に安心して結婚し、出産できるだけの保証がある社会か。高齢出産は社会の責任も考えなければなりません。

それが抜け落ちた、「高齢」を責め立てるだけの発言は、むしろ高齢出産や実際に生まれた子どもに対する差別の風潮が懸念されています。

では、高齢出産の「リスク」とは何でしょうか。母体の側は、加齢とともに血圧が高くなって妊娠中毒症になりやすかったり、産道を通す体力や子宮を支える筋肉が弱ったりすることがあります。しかし、医学が発達した現代では、それらは妊娠中の管理や帝王切開などで対応できることであり、そう深刻な問題には至らないと思われます。

率直に言ってしまえば、「高齢」の最大の「リスク」は、ダウン症や何らかの障害をもって産まれる確率が高くなることでしょう。

現在、胎児がダウン症であるかどうかは、絨毛検査にはじまり、NT(胎児後頸部の浮腫)と羊水検査の併用などで15週以降にほぼ知ることができます。ダウン症でいうと、40歳で86人に1人。以降年齢と共に確率は高くなり、46歳で14人に1人になります。40歳の出産で約1%。無視はできない数字ですが、圧倒的(99%)にそうでない出産ということもいえます。※ 母体の年齢別にみた染色体異常の発生リスク

若くてお金持ちでリスクがなくても、子供を虐待死させる母親だったら困ります。一方、若くても障害のある子を産むこともありますし、大変な思いをしながらも懸命に育児に励む母親もいます。

もとより、高齢であろうがなかろうが、障害のある子どもを授かったのだとしても、それは「産んではいけないこと」ではありません。

いずれにしても、唐突に高齢出産を揶揄する倖田さんの発言はもちろんのこと、倖田さんを擁護するような装いで「高齢出産」をさらにネガティブに描くさかもとさんの発言には、そうした女性の命がけの大仕事を、自分自身が女性でありながら愚弄する無責任さを指摘せずにはおれません。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術

自宅で出来る!奇跡の自然妊娠法

妊娠率54%!某有名産婦人科の院長が数年掛けて開発した医学的に根拠のある奇跡の妊娠術を独占公開!これであなたも不妊完全解消!

不妊で5年悩んだ私が、わずか2ヶ月で妊娠することができた!!【病院に行かなくても赤ちゃんができた魔法の妊娠術】

たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠~さよなら不妊!ブライダル・ベビーを望むあなたも必見!子宝の知恵シリーズで不妊症から立ち直る妊娠法を公開!


出産とお金(医療保険)の話

みなさんは、生命保険の医療保険に加入していますか?

健康保険が適用になる帝王切開手術の場合、医療保険の手術給付金が支払われます。

金額は保険商品によって様々ですから、保険会社に問い合わせていただきたいのですが、ケガや病気の手術ではないから金額もたかが知れているだろうと侮ってはいけません。

私は都道府県民共済の医療特約で、手術給付金を最高額(20万円)いただきました。

ただ、損害保険の方は難しいですね。

所得補償保険というのがありますが、これはお産のために休業しても一切補償されないことになっています(たとえ帝王切開でも)。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術

自宅で出来る!奇跡の自然妊娠法

妊娠率54%!某有名産婦人科の院長が数年掛けて開発した医学的に根拠のある奇跡の妊娠術を独占公開!これであなたも不妊完全解消!

不妊で5年悩んだ私が、わずか2ヶ月で妊娠することができた!!【病院に行かなくても赤ちゃんができた魔法の妊娠術】

たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠~さよなら不妊!ブライダル・ベビーを望むあなたも必見!子宝の知恵シリーズで不妊症から立ち直る妊娠法を公開!

出産とお金(健康保険)の話

出産にかかる費用は、メスを使わない自然分娩と、メスを使う帝王切開ではっきりとした違いがあります。

その前に、自然分娩には通常分娩と時間外(夜間)分娩がありますが、時間外ですと、通常分娩より4~5万違うようです。

いずれにしても自然分娩は自由診療です。病院が定めた金額を支払います。

帝王切開は外科手術のため、健康保険が適用になります。つまり自己負担は3割です。

ただ、ややこしいのですが、保険適用されるのは手術とそれに使用した医薬品代のみなんです。

食事代や新生児管理費などは自然分娩の場合と同じ、つまり自由診療扱いです。もちろん、差額ベッドは保険はききません。

日本は混合診療が禁止されていて、保険を使ったら保険の治療しか受けられないのですが、妊娠・出産に限っていえば保険のきくものときかないものが「混合」しているわけです。

また、医療費は、一定額を超えると高額療養費の還付といって3ヶ月ぐらいしてから戻ってくるのですが、差額ベッドや自由診療に関するものは一切戻りません。一方的に払うだけです。

具体的には、昨秋帝王切開だった私は入院時に50万を入れ、退院時に10万を追加して支払い、高額医療還付で10万円程度戻りました。

ちなみに前回は入院時に45万を入れ、退院時に25万を追加支払い、高額医療還付は15万ぐらい戻ってきたでしょうか。

前回の方が追加支払いが多かったのは、前置胎盤で出産前の管理入院が1ヶ月あったからだと思います。

取り出した第一子もNICUに直行、10日間お世話にもなりました。ただ、こちらは帝王切開で産道を通らなかったため、羊水が肺から抜けず、呼吸がやや不安定(はやい)のため念には念を入れて、と説明を受けました。ですから健康保険が適用になっていると思います。

念のためというのは、どうやらこちらを安心させるためではなく本当のようで、NICUでは未熟児が並ぶ中で、我が子だけがひときわまるまる太った姿で何の問題もなく過ごせました。呼吸も半日で正常になったようです。

だったら何で10日も入院を?と思われるでしょうが、それは私が先行して退院して、子供を迎え入れる準備をしたかったからです。

一緒に帰ってしまうと、帰ってからが大変ですからね。

しかし、第二子も帝王切開でしたが、NICUには入りませんでした。このご時世ですから、NICUは各地の病院からたくさんの赤ちゃんが回されており、もはや「念のため」程度では預かれなくなっていたようです。

なお、帝王切開は通常分娩より入院が延びる、といわれています。
私の場合は、第一子の場合は前置胎盤で長期入院だったのですが、第二子の時は7泊8日で、これは私がお世話になった大学病院では帝王切開の標準だそうです。

先ほど、通常の分娩は「一方的に払うだけ」と書きましたが、払う医療費は自由診療で保険がきかなくても、お産は医療費控除の対象になります。

医療控除というのは、健康保険の対象かどうかに関係なく、医療費や医療に関係することなら対象になります。ですから、サラリーマンの場合には、夫やあなたのお給料の年末調整、自営の方は翌年の確定申告で医療控除ができます。

わかりやすく書くと、税金が本来払うべきものより安くなる、ということです。

ですから、お産でかかった医療費の領収書は、きちんととっておくことです。

それから、みなさんご存じかと思いますので、最後に簡単に触れますが、出産すると出産祝い金が健康保険からは支払われます。

次回は、民間保険、つまり生命保険や損害保険がどうなるかについて書きます。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術

自宅で出来る!奇跡の自然妊娠法

妊娠率54%!某有名産婦人科の院長が数年掛けて開発した医学的に根拠のある奇跡の妊娠術を独占公開!これであなたも不妊完全解消!

不妊で5年悩んだ私が、わずか2ヶ月で妊娠することができた!!【病院に行かなくても赤ちゃんができた魔法の妊娠術】

たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠~さよなら不妊!ブライダル・ベビーを望むあなたも必見!子宝の知恵シリーズで不妊症から立ち直る妊娠法を公開!

妊娠とお金(健康保険)の話

妊娠した人、したい人の素朴な疑問として、子どもを産むとどれぐらいお金がかかるか、という問題があります。

お金のかけ方は、各自の価値観で様々ですから一概に言えませんが、ここでは診療や出産に関する医療費に絞って私の経験を書いてみます。

ただし、あくまでも個人の経験ですから、他の方には同じケースでも地域や状態やかかった病院によって金額に多少の差はあることをお含みおき下さい。

妊婦には妊婦健診があります。
妊婦健診は、ご存じのように健康保険が適用されない自由診療です。

健診については、
東京都23区の場合、ほとんどの区が1回5000円、計14回の健診助成を行っています。
他の自治体については様々なので一概にはいえませんが、最低でも5回の助成は厚生労働省が勧告しています。

ただ、もっとも手厚い東京23区の場合でも、助成だけで賄うことはできません。

自由診療のため、健診の費用は病院によって違いますが、私の場合は東京都内の私立大学病院で、1回6000円でした。この時点で1000円オーバーです。

しかも、これは通り一遍の健診で6000円ですから、たとえばクアトロテストを受けたり、糖尿病の検査を行ったりすると、診療費もプラスアルファがあります。超音波検査は妊婦なら普通は行いますが、助成のないところもあります。これらの検査には、万単位のお金を請求されるものもあります。

たとえば私の場合、クアトロテストで約2万円とられました。羊水検査はその10倍はかかるでしょう。

健診は14回ですから1000×14で1万4000円。それに検査関係が3万として5万ぐらいはかかるわけです。繰り返しますが、これはもっとも手厚い14回の助成があった場合です。

たぶん、他の自治体の方の負担は、もっと多いと思います。

ただ、私は第一子の時の妊娠時に自転車をこいで出血したことがあったのですが、通常の妊婦健診ではなく、異常があって緊急で診てもらう場合には保険が適用されました。

第二子のときも、着床時の出血で救急に駆け込みましたが保険が適用されています。

母体そのものの健康に関する疑いがあったからでしょう。第二子のときは、母子手帳交付も妊娠の認定もされる前でしたし。

某社の裏技事典によれば、妊婦が定期的に腹が痛い、どこそこが悪いといえば、結果的に健診を健康保険でまかなえるなどと書かれていましたが、現実にそんなことはできません。

私の場合はあくまでイレギュラーであり、妊婦の検診は自由診療が原則です。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓


「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術

自宅で出来る!奇跡の自然妊娠法

妊娠率54%!某有名産婦人科の院長が数年掛けて開発した医学的に根拠のある奇跡の妊娠術を独占公開!これであなたも不妊完全解消!

不妊で5年悩んだ私が、わずか2ヶ月で妊娠することができた!!【病院に行かなくても赤ちゃんができた魔法の妊娠術】

たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠~さよなら不妊!ブライダル・ベビーを望むあなたも必見!子宝の知恵シリーズで不妊症から立ち直る妊娠法を公開!
Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。