前置胎盤など、高齢出産・前置胎盤、不妊等、過去にハイリスクで出産した方も、これからの妊娠がハイリスクになる方も……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝王切開、その真実

帝王切開、という言葉が検索キーワードとして急上昇しています。
アメリカで、体重6200グラムの赤ちゃんを出産しましたが、それだけの「巨漢」であるにもかかわらず、帝王切開をしなかったというニュースが流れたため、帝王切開、という言葉にネットワーカーたちは関心を持ったようです。
スポンサーサイト

代理母が実の母、母子で会見

代理出産によりわが子を得た女性(27)と、代理母となった女性の実母(53)が25日、東京都内で記者会見。
時事通信が報じています。

長野県下諏訪町の諏訪マタニティークリニック(根津八紘院長)で、代理出産によりわが子を得た女性(27)と、代理母となった女性の実母(53)が25日、東京都内で記者会見。代理母は素顔で登場したそうです。
多くの人の支えに感謝」=代理出産の母娘、素顔で会見-長野のクリニックで実施
 長野県下諏訪町の諏訪マタニティークリニック(根津八紘院長)で、代理出産によりわが子を得た女性(27)と、代理母となった女性の実母(53)が25日、東京都内で記者会見し、「多くの人の支えでここまで来られた」「心から感謝している」と喜びを語った。
 国内の代理出産の当事者が顔を出して事実を公表するのは初めて。女性は「同じように悩んでいる人は多い。悩みが少しでも軽くなれば」と思いを述べた。
 女性は1歳のときに病気のため子宮を摘出。2006年の結婚を機に、実母から「自分が代理母になる」と持ち掛けられ、最初は「そこまでしていいのか」と悩んだという。
 実母は既に閉経していたが、ホルモン剤などで妊娠出産できる状態に戻し、娘夫婦の受精卵を子宮に移植。昨年9月、2回目の試みで着床し、切迫流産の危機を2度乗り越え今年5月に健康な男児を出産した。
 「娘を母にしてあげるという長い間の夢がかなってほっとしている」と実母。女性は「抱っこしてピタッと泣きやんでくれたりするとき、『ああ母親なんだな』と実感する」と喜びをかみしめた。(2009/11/25-17:30)
倫理的な問題はとやかくいわれるでしょうが、子供が欲しい娘に母親が応えるという光景に文句をつける気にはなれません。

閉経している実母の方が自ら持ちかけるというのは、いくら親子でもなかなかできない話です。

率直にヨカッタですね、と私は思います。

ただ、これは母としての複雑な気持ちと思っていただきたいのですが、以前夫から、代理母について聞かれたことがあったとき、私は自分ならそれを選択しないと答えました。

夫は、雑談としてではなく、少なくとも選択肢の一つとして代理出産を考えていたフシがありました。

私が前置胎盤癒着胎盤)で上の子供を産んだことで、担当医から次の出産を賛成されていなかったためです。

Web掲示板などでも、前置胎盤癒着胎盤)を経験しながら次の出産を望むことに対して、厳しい忠告もずいぶんいただきました。

ではなぜ、それでも代理母を選択しないと答えたのか。

私は、ハイリスクというだけで、出産の機能自体が失われているわけではないから、いざとなれば子宮をとればいいのだし、そこまでする必要はない立場だったからです。

向井亜紀さんがどう主張されても、「自分の腹を痛めて」生むことの意義に、代理出産はかなわないと思ったのです。

これはもちろん、産まれてくる子どもの値打ちとは何の関係もない話です。

美味しい料理を自分で作るか、デリバリーで調達するか、の違いといったら不謹慎でしょうか。

「料理を自分で作る」ことができない事情があれば別ですが、できるのなら、たとえ条件的には厳しくてもそれを経験したいという私の価値観が確固としてあったわけです。

ただ、それはあくまで私が産めるからであり、産めない方が代理母を選択する気持ちはよくわかります。子供が欲しいという気持ちにかわりはないと思います。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓

前置胎盤の原因

前置胎盤と診断された方は、私もそうでしたが、なぜそうなってしまったのか、自分に原因があるのではないかと悩むことが多いと思います。

前置胎盤原因は受精卵が子宮下部に着床してしまうためですから、こうすれば前置胎盤になる、こうすれば避けられるといった手だてがあるわけではありません。

しかし、前置胎盤になりやすいリスクファクターはあります。
ソネットの有料制医療相談「AskDoctors」によれば、

・経妊回数すなわち初産ではないこと
・高齢であること(35歳以上で1%、40歳以上で2%)
・前回帝王切開であること(2~5倍増加)
・喫煙者であること(2倍増)
・流産既往があること

などがあげられるとしています。

「前置胎盤の妊婦の血液は汚れているのか」でも書きましたが、その理由としては、妊娠を繰り返したり手術を行ったりすることで、子宮内膜に炎症が起こる、固くなるなどの異常が生じると、受精卵が着床できる部分が少なくなり子宮下部に着床する可能性が高くなるためと言われています。

多胎妊娠では胎盤の数が多いため子宮内に占める面積比が大きく、結果として子宮下部にまで胎盤がかかる可能性が高いということです。

喫煙は子宮の血流障害の原因となっており、そのために正常な着床ができないのではないかと考えられています。

ただ、こうした因子にまったくあてはまらないのに前置胎盤になってしまった方にとっては、納得できない思いが残ることと思います。
自分自身の体でありながら、自分の思い通りにならない、妊娠・出産はそういうものなのかもしれません。


ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓

前置胎盤とはどのような病気か

前置胎盤は胎盤の位置が子宮の下部にあり、内子宮口(赤ちゃんの出口)を覆っている状態を指します。
胎盤は受精卵が着床した位置に作られます。
通常は子宮の奥の底部に着床するはずの受精卵が、なんらかの理由で子宮の下部に着床してしまうとそこに胎盤が作られてしまい、前置胎盤となってしまうのです。

前置胎盤は内子宮口との位置関係によって、完全に内子宮口を覆っている全前置胎盤、内子宮口の一部を覆っている部分(一部)前置胎盤、内子宮口に胎盤の端がかかっている辺縁前置胎盤の3種類に分類されます。

赤ちゃんの出口となる内子宮口が胎盤でふさがれているため、出産は帝王切開になります。

私はどうやら前置胎盤らしいと診断されたとき、原因(なぜそうなったのか)、対策(どうすれば治るのか、これからどうすればよいのか)の2点について詳しく知りたいと思いました。

そこで次回からは私なりに調べたことについて書いてみたいと思います。


ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓

前置胎盤が「治る」確率

前置胎盤は胎盤が子宮口の一部あるいは全体を覆っている状態です。胎盤が動くことはないので、正確には前置胎盤が「治る」ことはないのですが、子宮が大きくなるにしたがって、子宮口と胎盤の位置関係が変わり、前置胎盤でなくなることはあります。

「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」によると、妊娠15~19週、20~23週、24~27週、28~31週、32~35週の各期間に前置胎盤診断されたうち、最終的に前置胎盤診断されたのはそれぞれ12%、34%、49%、62%、73%。妊娠早期に前置胎盤診断された症例ほど最終的には前置胎盤でなくなることが多いとしています。さらに、30週以降に全前置胎盤と診断された症例では最終診断も変わらないことが多いとしています。

妊娠初期、あるいは中期に前置胎盤と診断されても、その後そうでなくなる可能性が高いということですね。

こうした前置胎盤疑いの症例は少なくないのかもしれません。
ママ友達の中にも前置胎盤といったん診断されたものの、結局そうでなくなって自然分娩できたという人がいます。

もっとも、私は妊娠18週で前置胎盤の診断を受け、結局もっとも確率の低い全前置胎盤で出産することになりましたが……。

前置胎盤から脱出できるかどうか、その分かれ目はどこにあるのでしょう?
神のみぞ知る、ということなんでしょうか。

ブログランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓

Copyright © 高齢出産・前置胎盤・不妊でも出産を諦めないで! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。